メニュー

≪コーチのコンピテンシー≫ 国際コーチ連盟

ICFのコア・コンピテンシー
以下に定める11のコア・コーチング・コンピテンシーは、今日のコーチング職において使われるスキルとアプ ローチをより良く理解するために、ICFによって定義されたものです。コーチングに求められる特化したト レーニングと、あなたが既に経験したトレーニングとの間のレベルの調整にも役立ちます。

  これらのコンピテンシーは、ICFの認定プロセス(訳注:コーチ認定およびプログラム認定の仕組み)の基礎 として使われています。コア・コンピテンシーの分類は、共通の方法に基づき、論理的に適合するものに従っ て4つの群(訳注:下記A~D)に分けられます。個別に分類された項目に優先順位はなく、すべてが等しく 重要です。

原文:ICF Core Competencies
The following eleven core coaching competencies were developed to support greater understanding about the skills and approaches used within today’s coaching profession as defined by the ICF. They will also support you in calibrating the level of alignment between the coach-specific training expected and the training you have experienced. Finally, these competencies were used as the foundation for the ICF Credentialing process examination. The core competencies are grouped into four clusters according to those that fit together logically based on common ways of looking at the competencies in each group. The groupings and individual competencies are not weighted – they do not represent any kind of priority in that they are all core or critical for any competent coach to demonstrate.

A.基礎(ファウンデーション)を確立する

1. 倫理指針とプロフェッショナル基準を満たす
2. コーチングについての合意を形成する

B.関係を共に築き上げる

3. クライアントとの間に信頼と親密さを築く
4. コーチとしての存在感

C. 効果的なコミュニケーション

5. アクティブリスニング(積極的傾聴)
6. パワフルな(効果的な)質問
7. 率直なコミュニケーション

D.学習と成果の創出を促す

8. 気づきを促す
9. 行動をデザインする
10.行動計画とゴール設定 
11.進捗管理と責任の明確化

原文:
A. SETTING THE FOUNDATION  
1. MEETING ETHICAL GUIDELINES AND PROFESSIONAL STANDARDS  
2. ESTABLISHING THE COACHING AGREEMENT  
 
B. CO-CREATING THE RELATIONSHIP  
3. ESTABLISHING TRUST AND INTIMACY WITH THE CLIENT 
4. COACHING PRESENCE  
 
C. COMMUNICATING EFFECTIVELY  
5. ACTIVE LISTENING 
6. POWERFUL QUESTIONING 
7. DIRECT COMMUNICATION  
 
D. FACILITATING LEARNING AND RESULTS  
8. CREATING AWARENESS 
9. DESIGNING ACTIONS 
10. PLANNING AND GOAL SETTING 
11. MANAGING PROGRESS AND ACCOUNTABILITY  

A.基礎(ファウンデーション)を確立する

1. 倫理指針とプロフェッショナル基準を満たす - コーチングの倫理と基準 を理解し、あらゆるコーチングの状況に適用する能力。
①ICF行動規範(ICF行動規範のパートIIIのリスト参照)を理解し、それを自分の行動に反映させる
②ICF倫理規定(リスト参照)全てを理解し、それに従う
③コーチング、カウンセリング、セラピー、及びその他の専門的支援種の違いを明確に伝える
④必要な場合はクライアントに対して別の支援職者を紹介する。それが必要なタイミングを理解し、紹介する ためのネットワークをもっている。 

原文:
1. Meeting Ethical Guidelines and Professional Standards – Understanding of coaching ethics and standards and ability to apply them appropriately in all coaching situations.
①Understands and exhibits in own behaviors the ICF Standards of Conduct (see   list, Part III of ICF Code of Ethics),
②Understands and follows all ICF Ethical Guidelines (see list),
③Clearly communicates the distinctions between coaching, consulting,   psychotherapy and other support professions,
④Refers client to another support professional as needed, knowing when this is   needed and the available resources.

2. コーチングについての合意を形成する - 特定の(さまざまな)状況にお けるコーチングに必要なものは何かを理解し、コーチングのプロセスやクライアントとの関係性について説明 、相互合意する
①コーチングのガイドラインおよびクライアントとの関係について理解し、それについてクライアントと十分に話し合って合意する。(例えばロジスティクス、料金、スケジューリング、または必要な場合は他者を引き入れること);
②コーチとクライアントの関係において何が適切で何が適切でないか、何が提供されて何が提供されないのか、またクライアントとコーチ双方の責任について合意する
③.コーチング方法がクライアント(候補者)のニーズに効果的にマッチしているかを見極める

原文:
2. Establishing the Coaching Agreement – Ability to understand what is required in the specific coaching interaction and to come to agreement with the prospective and new client about the coaching process and relationship.
①Understands and effectively discusses with the client the guidelines and specific   parameters of the coaching relationship (e.g., logistics, fees, scheduling, inclusion of others if appropriate),
②Reaches agreement about what is appropriate in the relationship and what is not, what is and is not being offered, and about the client’s and coach’s responsibilities,
③Determines whether there is an effective match between his/her coaching method and the needs of the prospective client.

B. 関係を共に築き上げる

3. クライアントとの間に信頼と親密さを築く - 互いの敬意と信頼を築くための、安全で協力的な環境を作り、維持する能力。
①クライアントの幸福や将来への気遣いを心から示す 
②個人としての一貫性、正直さ、誠実さを示す; 
③明確な合意を築き、約束を守る 
④クライアントの認識、学習スタイル、人としての在り方に対して敬意を示す 
⑤新しい態度(ふるまい)や行動について、それがリスクを伴ったもの、失敗の恐れを生むものであっても、継続的に支援する 
⑥繊細で新しい分野でのコーチングを行なう際、クライアントに許可を求める。

原文:
B. CO-CREATING THE RELATIONSHIP
3. Establishing Trust and Intimacy with the Client – Ability to create a safe, supportive environment that produces ongoing mutual respect and trust.
①Shows genuine concern for the client’s welfare and future,
②Continuously demonstrates personal integrity, honesty and sincerity,
③Establishes clear agreements and keeps promises,
④Demonstrates respect for client’s perceptions, learning style, personal being, ⑤Provides ongoing support for and champions new behaviors and actions,  
including those involving risk taking and fear of failure, ⑥Asks permission to coach client in sensitive, new areas.

4. コーチとしての存在感 - オープンかつ柔軟で自身にあふれたコーチング についての十分な自覚をもち、クライアントとの自然な関係をつくる能力。
①コーチングのプロセスの只中でも、常に軽やかで存在感があり柔軟であること
②自身の直感にアクセスし、内なる感覚を信頼する - 「直感に従う」
③知らないことをオープンに受け入れ、リスクを冒すことにも恐れない
④クライアントと共に解決するためのいろんな方法を見つけ、その時点で最も効果的な方法を選択する
⑤効果的にユーモアを用いて軽妙さとエネルギーを作り出す
⑥大胆にものの見方を変え、自分自身の行動における新しい可能性を試す
⑦感情的な状況に自信を持って携わることができ、クライアントの感情に圧倒されたり、巻き込まれないように自己管理する

原文
4. Coaching Presence – Ability to be fully conscious and create spontaneous relationship with the client, employing a style that is open, flexible and confident.
①Is present and flexible during the coaching process, dancing in the moment,
②Accesses own intuition and trusts one’s inner knowing – “goes with the gut”,
③Is open to not knowing and takes risks,
④Sees many ways to work with the client, and chooses in the moment what is most effective,
⑤Uses humor effectively to create lightness and energy,
⑥Confidently shifts perspectives and experiments with new possibilities for own action,
⑦Demonstrates confidence in working with strong emotions, and can  self-manage and not be overpowered or enmeshed by client’s emotions.

C. 効果的なコミュニケーション

5. アクティブリスニング(積極的傾聴) - クライアントが何を言っていて、何を言っていないかを完全に聞き分け、クライアントの語りの中に込められた意味を理解し、クライアントが自分でそれを表現できるように支援する能力。
①クライアントのためにコーチが提示する課題ではなく、クライアント自身とクライアントが持つ課題に注意を傾ける
②何ができ、何ができないかについての、クライアントの関心事、ゴール、価値観と信念に耳を傾ける
③言葉、声のトーン、ボディランゲージからのメッセージを聞き分ける。
④クライアントが言ったことを確かめるために、言い換えや、繰り返し、振り返りなどによって正しく理解する
⑤クライアントが感情、認識、懸念、信条、提案などを表明することを促し、それを受け入れ、探求し支援する
⑥クライアントのアイデアと提案を統合して構築する
⑦要点またはクライアントのコミュニケーションの本質を理解し、クライアントを長い説明に陥らせずに核心に導く支援をする
⑧クライアントが次のステップへ踏み出すため、批判や判断をせず、状況を明確化できるようにする

原文:
C. COMMUNICATING EFFECTIVELY
5. Active Listening – Ability to focus completely on what the client is saying and is not saying, to understand the meaning of what is said in the context of the client’s desires, and to support client self-expression.
①Attends to the client and the client’s agenda, and not to the coach’s agenda for the client,
②Hears the client’s concerns, goals, values and beliefs about what is and is not possible,
③Distinguishes between the words, the tone of voice, and the body language,
④Summarizes, paraphrases, reiterates, mirrors back what client has said to ensure clarity and understanding,
⑤Encourages, accepts, explores and reinforces the client’s expression of feelings, perceptions, concerns, beliefs, suggestions, etc.,
⑥Integrates and builds on client’s ideas and suggestions,
⑦”Bottom-lines” or understands the essence of the client’s communication and helps the client get there rather than engaging in long descriptive stories,
⑧Allows the client to vent or “clear” the situation without judgment or attachment in order to move on to next steps.

6.効果的な質問 - コーチングの関係を向上し、クライアントに与える利点を最大化するのに必要な情報を引き出す質問を投げかける能力。
①積極的に耳を傾け、クライアントの視点を理解するための質問をする。
②発見、洞察、コミットメントやアクションを促す質問をする(例えばクライアントの想定を超えるような質問)。
②明快さ、可能性、あるいは新たな学びを生むよう、自由自在な質問をする。
③クライアントが自分を正当化したり過去を振り返るだけの質問ではなく、クライアントが望む目標へと前進できるような質問をする。

原文:
6. Powerful Questioning – Ability to ask questions that reveal the information needed for maximum benefit to the coaching relationship and the client.
①Asks questions that reflect active listening and an understanding of the client’s perspective,
② Asks questions that evoke discovery, insight, commitment or action (e.g., those that challenge the client’s assumptions),
③Asks open-ended questions that create greater clarity, possibility or new learning
④Asks questions that move the client towards what they desire, not questions that ask for the client to justify or look backwards.

7. 率直なコミュニケーション - コーチング中に効果的にコミュニケーションを行い、クライアントに対して最大のポジティブなインパクトを与える言葉を使う能力。
①クリアで歯切れよく直接的に伝え、フィードバックを返す。
②クライアントが望むことや不明確な点を、別の側面から理解できるように言い換えたり、明確に伝える。
③コーチングの目的、セッションの進め方、テクニックやエクササイズの目的をはっきりと伝える。
④クライアントに対して適切で敬意を込めた言葉を使う。(例えば、性差別をしない、人種差別をしない、専門用語を使わない、俗語を使わないなど)
⑤クライアントが話のポイントを明確にし、平易な言葉で描けるように、隠喩やたとえ話を使う。

原文:
7.Direct Communication – Ability to communicate effectively during coaching sessions, and to use language that has the greatest positive impact on the client.
①Is clear, articulate and direct in sharing and providing feedback,
②Reframes and articulates to help the client understand from another perspective what he/she wants or is uncertain about,
③ Clearly states coaching objectives, meeting agenda, purpose of techniques or exercises,
④ Uses language appropriate and respectful to the client (e.g.,non-sexist, non-racist, non-technical, non-jargon),
⑤ Uses metaphor and analogy to help to illustrate a point or paint a verbal picture.
④Asks questions that move the client towards what they desire, not questions that ask for the client to justify or look backwards.

D. 学習と成果の促進

8. 気づきを促す - 複数の情報源を統合することでクライアントの状況を正確に把握する。そしてクライアントの気づきを助けられるように説明し、それによって成果に至るプロセスに合意する。

①クライアントの課題を検討する際、クライアントの説明に捉われてしまわずに、その本意を読み取る。
②より良く理解し、気づき、明確化できるように質問する。
③クライアントの潜在的な関心事(懸念)、自己認知の傾向や外部認知の方法、事実と解釈との違い、思考と感情と行動の間にあるギャップを発見する。
④クライアントが行動を起こすことで、自分にとって重要なことを達成する能力を強化できるような新しい考え、信条、認識、感情などを発見できるように手助けする。
⑤クライアントに広い視野から見解を伝えることで、視点をシフトさせる強い意志を呼び覚まし、行動に向けた新しい可能性を見つけることができるようにする。
⑥クライアントが自分自身や自分の行動(思考、感情、身体、背景など)に影響を及ぼしている相互に関連する要因を見つけるよう手助けする。
⑦クライアントにとって有益で意味のある方法で、洞察したことを伝える。
⑧コーチングにおいて、クライアントの学習と成長のための大きな強みと分野、そして取り上げる最重要事項を見つける。
⑨クライアントの発言と行動の違いを見つけた際、些細な問題と重要な問題の違い、状況に応じて取っている(建設的な)行動と繰り返している(堂々巡りの、無自覚な)行動の違いを見分けるようクライアントに問いかける。

原文:
D. FACILITATING LEARNING AND RESULTS
8. Creating Awareness – Ability to integrate and accurately evaluate multiple sources ofinformation, and to make interpretations that help the client to gain awareness and thereby achieve agreed-upon results.
① Goes beyond what is said in assessing client’s concerns, not getting hooked by the client’s description,
② Invokes inquiry for greater understanding, awareness and clarity,
③ Identifies for the client his/her underlying concerns, typical and fixed ways of perceiving himself/herself and the world, differences between the facts and the interpretation, disparities between thoughts, feelings and action,
④Helps clients to discover for themselves the new thoughts, beliefs, perceptions, emotions,moods, etc. that strengthen their ability to take action and achieve what is important to them,
⑤Communicates broader perspectives to clients and inspires commitment to shift their viewpoints and find new possibilities for action,
⑥ Helps clients to see the different, interrelated factors that affect them and their behaviors (e.g., thoughts, emotions, body, background),
⑦ Expresses insights to clients in ways that are useful and meaningful for the client,
⑧ Identifies major strengths vs. major areas for learning and growth, and what is most important to address during coaching,
⑨ Asks the client to distinguish between trivial and significant issues, situational vs. recurring behaviors, when detecting a separation between what is being stated and what is being done.

9. 行動をデザインする - コーチング中や日常において、クライアントが継続的に学習できる機会をつくる。また、合意された目標へ最も効果的にたどり着くために新しい行動を、クライアントが起こせるチャンスを作り出す。
①クライアントが新たに学び、それを深めることができるような行動を明確にするために、クライアントと話し合ったり手助けする。
②コーチングの目標へ向けた特定の懸念やチャンスに焦点を当て、体系的に取り組めるように支援する。
③クライアントが今までとは異なるアイデアや解決策を探り、その選択肢を評価し、それに応じた決断ができるように関わる。
④セッションにおいて話し合ったこと、学習したことを、クライアントが仕事や日常で積極的に実行し、そこから新たな発見ができるように促す。
⑤クライアントの成長のため、クライアントの成功と能力を祝福する。
⑥行動のための新しい可能性を発見し、新たなアイデアを喚起するために、クライアントがもつ想定や物の見方に挑む。
⑦クライアントのゴールに沿った視点を支持または発展させ、かつ、その視点に固着せずにクライアントが考察できるようにする。
⑧速やかな対応により、コーチングセッションを通じてクライアントが即行動できるように促す。
⑨クライアントに大きなチャレンジを促しつつ、一方では心地よい学習ペースとなるよう配慮する。

原文
9. Designing Actions – Ability to create with the client opportunities for ongoing learning, during coaching and in work/life situations, and for taking new actions that will most effectively lead to agreed-upon coaching results.
①Brainstorms and assists the client to define actions that will enable the client to demonstrate, practice and deepen new learning,
②Helps the client to focus on and systematically explore specific concerns and opportunities that are central to agreed-upon coaching goals,
③ Engages the client to explore alternative ideas and solutions, to evaluate options, and to make related decisions,
④ Promotes active experimentation and self-discovery, where the client applies what has been discussed and learned during sessions ediately afterwards in his/her work or life setting,
⑤ Celebrates client successes and capabilities for future growth,
⑥Challenges client’s assumptions and perspectives to provoke new ideas and find new possibilities for action,
⑦ Advocates or brings forward points of view that are aligned with client goals and, without attachment, engages the client to consider them,
⑧ Helps the client “Do It Now” during the coaching session, providing immediate support,
⑨. Encourages stretches and challenges but also a comfortable pace of learning.

 10. プラン策定とゴールの設定 -  クライアントにとって効果的なコーチングプランを開発し維持する能力。
①情報を整理して、学習と成長のための重要事項を引き出すことができるコーチング計画と目標を、クライアントと共に作り上げる。
②達成可能かつ測定可能で、具体的な成果の出る目標期日の設定された計画を作る。
③コーチングの経緯と状況変化に応じて、計画を調整する。
④クライアントが学習のためのいろいろなソースを見つけ出しアクセスできるよう支援する(例えば本、その他の専門家など)。
⑤クライアントにとって重要な初期達成目標を特定して、それをターゲットとして設定する。

原文
10. Planning and Goal Setting – Ability to develop and maintain an effective coaching plan with the client.
① Consolidates collected information and establishes a coaching plan and development goals with the client that address concerns and major areas for learning and development,
② Creates a plan with results that are attainable, measurable, specific and have target dates,
③ Makes plan adjustments as warranted by the coaching process and by changes in the situation,
④ Helps the client identify and access different resources for learning (e.g., books, other professionals),
⑤Identifies and targets early successes that are important to the client.

 11. 進捗と責任の管理 - クライアントにとって重要な事項へ注意を払い続 けて、クライアントが自分自身の責任でアクションを起こせるように見守る能力。 ①クライアントが自分で決めたゴールへ向かって行動を起こすよう、明確に要求する。
②前回のセッションの時にクライアントが約束したアクションについて質問することで、その進捗をフォローする。
③前回のコーチング以降、クライアントが達成したこと、達成できなかったこと、そこからの気づきや学びについて承認する。
④コーチング中に得たクライアント情報をまとめて、効果的な準備や整理、見直しをする。
⑤コーチングの計画と結果、合意された行動プラン、及び今後の課題に注目しつづけることで、クライアントがセッションとセッションの合間に軌道から外れないようにする。
⑥コーチングのプランに集中しながらも、プロセスに基づいて行動を調整し、セッション中に方向転換できる。
⑦何が話されていてクライアントがどこへ向かおうとしているのかの全体像と、クライアントが本当に望んでいることの間を自由に行き来できる。
⑧クライアントに自己鍛錬を促し、クライアントが取り組もうとしていたことやその成果、または関連する特定の計画について、クライアント自身に責任を持たせる。
⑨意思決定、懸念事項の扱い、自己を伸ばす(フィードバックを得る、優先順位を決める、学習ペースを設定する、経験から学ぶなど)といったクライアントの能力を伸ばす。
⑩実施するといっていた行動をクライアントが実行しなかった場合、その事実に対して建設的に目を向けるようにする。

原文
11. Managing Progress and Accountability – Ability to hold attention on what is important for the client, and to leave responsibility with the client to take action. ①Clearly requests of the client actions that will move the client toward their stated goals,
②Demonstrates follow through by asking the client about those actions that the client committed to during the previous session(s),
③Acknowledges the client for what they have done, not done, learned or become aware of since the previous coaching session(s), Effectively prepares, organizes and reviews with client information obtained during sessions,
⑤Keeps the client on track between sessions by holding attention on the coaching plan and outcomes, agreed-upon courses of action, and topics for future session(s),
⑥Focuses on the coaching plan but is also open to adjusting behaviors and actions based on the coaching process and shifts in direction during sessions,
⑦Is able to move back and forth between the big picture of where the client is heading, setting a context for what is being discussed and where the client wishes to go,
⑧Promotes client’s self-discipline and holds the client accountable for what they say they are going to do, for the results of an intended action, or for a specific plan with related time frames,
⑨Develops the client’s ability to make decisions, address key concerns, and develop himself/herself (to get feedback, to determine iorities and set the pace of learning, to reflect on and learn from experiences),
⑩Positively confronts the client with the fact that he/she did not take agreed-upon actions.