Facebook

Twitter

つながる力とネガティブケイパビリティ

これは米国のリベラル派の人たちのブログ(青)と保守派の人たちとのブログ(赤)が、それぞれどのようにリンクされているかを示したものです。

下記の本に紹介されているもので、著者は人々のつながり(社会的ネットワーク)が健康に及ぼす影響についての研究で知られるニコラス・A・クリスタキス氏(医学博士。ハーバード大学医療社会学教授)ら。

リベラル派から保守派へのリンクはオレンジ、保守派からリベラル派へのリンクは紫で示されているのですが、わかりにくい(!)。そもそもリンクはリベラル派同士、保守派同士で埋め尽くされているからです。その意味では、政治思想と人々のつながりの関係が、とてもわかりやすいと言えます。

トランプ大統領の登場によって米国内の分断が進んでいるかの報道が目立ちますが、これを見ると、もともと分断されていると解釈することもできそうです。

このことが、ゴールデンウィークに読んだべつの本『ネガティブケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力』(帚木蓬生著 朝日選書)と、私のなかで化学反応を起こしました。

ネガティブケイパビリティとは、不確実なこと、曖昧な問題などを安易に解釈して“スッキリ”しようとせず、「わからないこと」や「どうしようもないこと」をそのまま受容する能力。人は直面することを意味づけして、物事や状況、他者などを理解(解釈)することで、”スッキリ”しようとする習性がある・・・と著者は述べています。政治の世界に広がるポピュリズムも、ビジネスに横行するマニュアルやハウツーを求める傾向も、たしかにそう考えると納得がいきませんか。

そこで冒頭のブログにもどります。青のつながりと赤のつながりは、スッキリわかりあえる気持ちの良いつながりなわけですね。異論をもつ相手は理解しづらい。でも実際に議論を交わせば、それなりに相手の言うことにも道理がありそうな気がする。だからといって自説を曲げたくはないし、こちらにだって正当な理由はいくつもある(と思っている)。違う色の人とつながっていると、いつもモヤモヤすることになってしまいます。

そういうのは不快だから、結論を導き出しやすい材料を適当にくっつけて相手にNGを突き付けます。こうして繋がりを断てば、”スッキリ”するわけですね。その結果、複雑で変動の激しい時代に不可欠な洞察、それを促す多様な視点が失われます。

関係性を大切にしよう、多様性を活かそうと、組織開発やコミュニティ開発の現場では唱えられています。しかしそれは簡単なことではないし、微妙な対立が同志と思われるような人々の間でも起きてきたりします。そこで必要なのは、解決できないということを受け入れる姿勢。わかり合えない人を否定するのではなく、わかり合えない状況をあるがままにホールドする能力。

そして、モヤモヤした関係のまま向き合い、できることをつづけていく。そうすることで時間が状況を変えていくこともあるでしょう。想定していなかった変数が、複雑なシステムに影響を及ぼし始めることもあるでしょう。他者を理解してうまくやっていくことは、誰とでも気持よく付き合えるようになることではない・・・。そう考えたほうが、地に足をつけて先に進めるような気がします。「わからない」「理解に苦しむ」という物事や他者への実感を、包容したまま今この瞬間に立つということ。

そうとらえると、まだ人間のなかに眠っている叡智の可能性が、少し見えてくるような気がします。ほんとにそうかなあと、モヤモヤしながらそう感じているわけですが。

======================================
日本初、マインドフルネス×DiSCの実験的ワークショップを開催

7月1日(13:00-19:00 @目黒)
つながる力を鍛える~マインドフルリレーションシップ・セミナー~
※事前オンラインアセスメント付

Comments

コメントをお寄せください。

Leave a comment