Facebook

Twitter

経営者はなぜコーチをつけるのか?

ブログやウェブサイトの制作でお世話になっているチェリーさんから、私の仕事についてインタビューを受けて記事をまとめてもらいました。


誰でもできる? セルフアウェアネスを高 めるトレーニング

今回は【典生人語インタビュー企画】の30回目、「経営者はなぜコーチをつけるのか?」となります。聞き手担当は“典生人語事務局”のチェリーです。


■複雑化する組織の中で、孤独感を感じる経営者

 

チェリー:そもそも経営者はなぜコーチをつけるのでしょうか?

 

典生:それは一言で言うと、「孤独」だからですね。組織が大きくなるにつれて、出来事が複雑化しますので、社内の人間に言っていいこと、悪いことの線引きも難しくなります。結局、自分で溜め込んで、孤独感を感じている経営者が多いですよね。

 

チェリー:たしかに…、「経営者」と「孤独」のキーワードの組み合わせはしっくりきます。

 

典生:自分ひとりで抱えているさまざまな事案や想いを、我々のような第三者に伝えることによって、まずはガス抜きになります。そして対話していく中で、新しい視点・切り口で対処することができるように変化させていくことがコーチの役目です。

 

チェリー:「経営者」、「孤独」で検索してコーチのサイトにたどり着く人もいそうですね。

 

典生:やはり一番のとっかかりとしては「孤独感」です。本人は無意識でも、心のどこかで感じているものなんですよ。

 

■コーチングを求める経営者の向上心

 

チェリー:コーチングをつけたがるタイプの経営者に傾向はありますか?

 

典生:ありますよ。やはり「何かを変えたい」という意識が高い人です。理想と現状のギャップを認識して、その中で向上心を持って取り組んでいる人は自然とコーチングを求めます。

 

チェリー:変化を求める経営者はコーチングを必要とする、ということでしょうか?

 

典生:必ずしもそうとは限りません。何かを変えたいと思った時に、その変化を求める姿勢には、大きく分けて二パターンあります。ひとつは、外に目が向いているパターン。「業績を上げたい」、「部下を変えたい」といった願望ですね。もうひとつは内に目が向いているパターン、すなわち、「自分を変えたい、成長したい」という姿勢です。同じ「変えたい」という意識が高くても、コーチングが機能しやすいのは明らかに後者のパターンです。

 

■コーチャビリティの有無を決定する経営者の意識の差

 

チェリー:変化の対象が「外」に向いている経営者は、コーチの成果が現れにくい、ということになりますね。

 

典生:まさに、「アンコーチャブル(コーチングが機能しない人)」という言葉があります。主に「自分自身を直視することが怖い」「常に周りに問題があると思ってしまう」というような、他責の発想の持ち主は、「アンコーチャブル」の代表格です。

 

チェリー:ちなみに経営者と部下の能力の乖離が激しすぎて、致し方なく部下を責めてしまう、ということはないでしょうか?

 

典生:ありますね。そういうケースは多いです。乖離がありすぎて、ますます孤独になってしまう。ただ、そういう状況があっても、それを自責にするか他責にするかは、やはり人によって異なります。似たような状況でも経営者によって考え方や行動は様々ですよ。

 

チェリー:そういった経営者の意識の差は、コーチを始めて、どの段階で判断できるものなのでしょうか?

 

典生:一番最初に分かります。 コーチャビリティがなくてもコーチングに関心のある人はたくさんいるので、その場合はいかに自己認識を深めてもらうかが重要です。

 

■経営者同士のコミュニティを「傷の舐め合い」の場にしない

 

チェリー:ちなみにコーチング以外で、例えば、経営者同士で集まって孤独感を共有することはないのですか?

 

典生:経営者のコミュニティはたくさんありますが、 とても有意義な場合と、必ずしもそうではない場合があるように思います。頭の凝り固まったネガティブな経営者たちが、類は友を呼ぶで集まると、ますます凝り固まってしまいますからね。

 

チェリー: 「傷の舐め合い」みたいなことも起きるのでしょうか?

 

典生:決してそれを否定する訳ではないですけど、その視点はその視点、そうじゃないものはそうじゃないものと、ちゃんと切り分けて考えることができないとダメですね。テレビのドキュメンタリーでたまに見ますが、「倒産社長の集まり」とか、 第3者が場づくりをサポートするほうが、うまくいくかもしれませんね。

 

チェリー:想像しただけで空気が重いですね…。「孤独」な経営者だからこそ、常に客観的な視点が必要なんですね。本日は、経営者がコーチをつける動機からアンコーチャブルの特徴についてのお話を中心に伺いました。

Comments

コメントをお寄せください。

Leave a comment