Facebook

Twitter

水問題から探るコンシャスビジネス

今週は世界水週間です。

日本にいると特別な災害が発生しないかぎり水の有り難さを実感することが難しいけれど、世界全体を見ると水不足は日々の現実。

国連総会のトム・ピーターソン議長は、世界の気候問題と水資源問題こそが「われわれの存在の基本原理」と語っています。ここでいう「われわれ」とは、もちろんこれを書いている私や、読んでくださっている「あなた」を含む人類という意味でしょう。

基本原理であるからには、待ったなしの気候と水の問題にアプローチすることなくして、国連が掲げるSDGs(2030年に向けた持続可能な開発目標・・・※17のゴールと169のアクションターゲット)の成功はあり得ないということです。

水問題は国際紛争によって引き起こされる側面があります。たとえばシリアでは、給水ポンプの破壊や水資源の汚染が意図的に行われています。それによって衛生状態の悪化が加速し、伝染病が蔓延することで混乱が広がります。水が大量殺戮の武器になるということは、日本では考えにくいけれど現実です。

水問題はビジネスに絡む産業的な問題でもあります。たとえば電気自動車に欠かせない金属素材コバルトの主要産地であるコンゴは、内乱と干ばつのダブルパンチで水不足が深刻化しています。このような状態で安定的なコバルト生産が不安視されており、成長の期待されている電気自動車の生産に大きな影響が及ぶ可能性があります。

こうした複雑な状況のなかで、水という生命にとっての「基本原理」にビジネスの立場から何ができるか。

上記にふれた衛生問題、そして産業のイノベーションという観点を加えて、9月26日の夜

SDGs(持続可能な開発目標)に向けたビジネスとリーダーシップ

を開催します。

みなさんのご参加をおまちしています。

繋がりやすい人とばかり、繋がる危険について

ユーザーの閲覧履歴にもとづいて、その人が見たい(と検索エンジンが判断する)情報を取捨選択して届ける。Googleで言うところの“パーソナライズド・サーチ”が、前回のブログで取り上げたような分断を促しているという指摘があります。

前回取り上げたのは、米国のブロガーたちがリベラル派同士、保守派同士でリンクされる傾向が顕著で、両派のブログのつながりが極めてすくない・・・という内容でした。
 
たとえばマインドフルネスに関心のある人には関連書籍の新刊情報が早く届き、〇〇ワークショップの様子がシェアされ、「マインドフルネス、すごい盛り上がってますね」があいさつ代わりになったりします。

ここにあるのは、1964年の東京五輪前の日本みたいな国民的盛り上がり?なわけはないですよね。でも盛り上がっている塊のなかにいる人にとっては、東洋の魔女の応援で銭湯から客が消えた盛り上がりに負けないかもしれません。 

金融情報だろうがAIだろうが、〝プ女子“効果で復活著しいプロレスであろうが、同じ関心を持つ人々の塊のなかでは、「〇〇〇、すごい盛り上がってますね」・・・になります。こうしてたくさんの塊ができて、人々がそれぞれの関心のなかで集団として孤立していきます。なんていうことを「フィルターバブル」という表現で伝えたのが、2012年に『閉じこもるインターネット』(早川書房)という本を出したイーライ・パリサーでした。

当時、クリス・アンダーソン(元WIRED編集長、現3Dロボティックス社CEO)さえも絶賛したこの論点には、「パーソナライゼーションの影響は軽微」、「むしろフィルターは各自の好みを拡張する方向に作用している」といった反論も少なくありません。

要するに明確な答えは出ていないのですが、私はフィルターが各自の好みを拡張している・・・という反論に興味を持ちました。たとえば同じフィルターバブルのなかにいる人でも、自分とカバーする範囲が完全に重なり合っているわけではありません。一つのバブルのなかにも、とても濃いつながりの人もいれば薄いつながりの人もいます。飛び交う情報に対してオープンな好奇心をもっていれば、同じバブルにいる人の「自分と重なり合っていない情報」が、自分の世界を広げるきっかけを作ってくれるかもしれません。

一方、「そんなことは知っている」「これは興味ない」「関係ない」・・・といったクローズドな好奇心だと、フィルターバブルは孤立を促すでしょう。

イーライ・パリサーはフィルターバブルを、「検索エンジンのアルゴリズムによりもたらされる、情報の個人的生態系」と定義しています(Wikipedia)。この生態系が閉じてしまうと、生命は孤立に向かい生存が危うくなると思います。生態系は自立したもの同士の繋がりであり、孤立したものたちが個別に存在しているわけではないから。

テクノロジーがもたらしているフィルターバブル自体の是非は、あまり問題ではないと私は思います。それよりも、「いま自分はどんなフィルターを通じて物事をとらえているのだろう」と、問いかける姿勢が大切ではないでしょうか。
それによって同じバブルのなかにいる人から、違うバブルに旅するきっかけがもらえます。そして違うバブルで人と出会い、新たな繋がりが生まれてきます。

ときに摩擦も高まるでしょう。「なんで言語が通じないんだろう」という戸惑いも感じるでしょう。なかなか合意が得られず、嫌になることもあるでしょう。しかしこの複雑系が極まった現代において、多様な視点を分かち合うことは、簡単に答えを出すことより優先されるべき局面が多いと思います。

マインドフルネス?ぜんぜん知らないですよ、田舎の親戚や昔の同級生のほとんどは。そして恐らく、私も知らないのです。生まれ故郷の小さな町でどんどん高齢化が進み、学校の統廃合が進んでいるなかでは何が重大な問題で、どんなことにいちばん惹かれるかについて。想像や上辺の知識と、実際そのシステムに浸ってこそわかることは、まったく違うはずだから。

自分がいくつかのフィルターバブルに影響を受けて、それがたとえばこの文章にも反映されている。その限界に対して謙虚でないと、やばそうです。

============================
7月1日 13:00 – 19:00
マインドフルネス×DiSCの実験的ワークショップ

つながる力を鍛える< マインドフルリレーションシップセミナー >

アンチ適職さがし、必要なのは自分をアジャストする力。

エル・ドラド (640x360) (320x180)

個人のコーチングでも企業研修でも、
これから私は共通のコンセプトとして
「セルフアジャスト」を強く打ち出そうと思っています。

ここでのポイントは3つ。

自分自身のナチュラルな特性を知る。
自分に与えられた職務の成功特性を知る。
自分の特性をもとに職務にアジャストする視点をみつける。

このテーマについて
若年層の社員研修を手がける企業のW社長に伝えたら、
とても興味を示してくれました。
「(仕事が)自分に合わない」
ことでモチベーションを下げる若者が多いからだそう。

合わない仕事に就くのが嫌だから、
世の中には、
自分を知ることで「適職」をみつけようとする
さまざまなアプローチがあります。

ネットで気軽に試せるツールがあったので
設問に答えていったら、
私の適職は「看護婦長」(!)と出ました(笑)。
今の時代、
「看護師長」になっていないことにも呆れますが。

また別の有名企業のサイトで適職診断をやってみると、
「あなたは定型的なルーチン業務よりも、
 自分なりの創意工夫が求められる仕事を任されたときに
 やる気が出るタイプ」と、有り難い解説。

あの、
それは学生だった30年前から自覚しているのですけど。

自分を知ることで適職をみつける、というアプローチには、
それほどコストをかけて行う価値はないと私は考えています。

比較的身近なところにいる、
いろんな人を敵にまわす言い方かもしれませんが。
(私のこと?と思った人がいたら、ゴメンよ)

理由はさまざまあるのですが、
いちばん大きいのは、
職務の設定自体が曖昧であることです。

私は看護師長に向いていると
コンピュータが言ったわけですが、
それはいったい、どこの看護師長なのでしょう。
サービス業を掲げて
患者へのホスピタリティに全力を傾けている、
中規模病院の看護師長なのか。

患者へのサービス向上よりも医師への陰口と、
新人看護士イジメに忙しい、とある大学病院の看護師長?

それとも地方の小都市で、
唯一の救急施設をもつ人材難にあえぐ
病院の看護師長だったりして。

組織と人のパフォーマンスを科学的に検証していくと、
活躍する人の特性は実に微妙に、ナイーブに、
同じ職種でも同じポジションでも異なるのです。

規模も職務も市場特性も共通していたとしても、
組織風土が影響を与えます。
同じ組織でも、たとえば合併などで
違うカルチャーの人々が混ざってきたりすると、
それまで画一的な人材を束ねてきたマネジメントが、
途端に機能しなくなることも。

もともと多様な職務特性が、
今日のように変化の目まぐるしい環境においては、
ますます流動化しています。

ですから職務特性は生もの、そう考えるほうが無難です。
生ものは変化します。
組織とともに職務特性も生成されつづけるのです。

一方、心理学的に(あるいは脳科学的な視野も含めて)
みたとき、
自分の内面にある特性は基本的に変わりません。
(検査するごとに違う結果が出るような診断ツールは、そもそも偽もの)

生ものである職務特性を静止画的にとらえて、
「私は・・・なタイプ」だから「・・・職が向いている」
と、解釈する。

しかも多くは、
生もの云々を持ち出す以前の非科学的な職業理解だったりする。

これが巷にあふれるカジュアルな適職診断の現実です。
そして、
多少のコストをかけて企業レベルで活用しているようなサービスも、
それほど差異はない、と私は評価します。

しかし、いちばん言いたいことは、他にあります。
多くの若者が(若者だけではないけど)、
世の中の職業を固定的にとらえ、
自分の機軸をもたないまま「合う仕事」を求めている現実。
変化するものと変化しないものが逆転した状態で、
見えない将来を手探りで進んでいるのです。

まず気づきべきは、自己の内なる扉を開けた奥にあるもの。
そこにあるギフト(天与の才)という黄金が、
誰にも備わっているはず。

次に探るべきは、今現在のリアルな日常の職場において、
自分が何を期待され、
どうすれば結果を出せるかという職務の事実。
営業職がどうだとか、企画職がどうだとか、
そんな曖昧な適職マップなど、なんの役にも立ちません。

誰が何と言おうがこれが自分なんだという事実が浮かんできて、
職業も職業図鑑ではなく自分の職場の空気の中でとらえていく。
そうすると、自分が何にアジャストできて、
どこは無理かもみえてきます。

自分に与えられたナチュラルな特性を、
職務の特性に応じて調節する。

そうやって今この瞬間を目いっぱい生きる中で、
気づいたら、その足元に映っているもの。

それが未来。

=============================

このテーマ、
コーチングにおいてはエル・ドラド
(南米アンデス山中にあったとされる伝説の黄金郷)、
企業プログラムでは「セルフアジャスト研修」として、
これから全力でお伝えしていきます。

スカイプでプレビューセッション(職務分析のデータ提供)
を開催しています。
興味のある方、参加をお待ちしています!

==========================================================

自分を知る、職務を知る
心理学×アセスメント×コーチング

セルフアジャストで成功する5ステップ
科学にもとづく短期集中型のコーチングプログラム

【 エル・ドラド 】プレビューセッション On Skype (無料説明会)

詳細、お申し込みはこちらから

偉くなる前にコーチをつける

もしも大阪の橋下市長にコーチがいたら・・・そんなフレーズが脳裏をよぎりました。

アンチ橋下派の人々は、かねてから彼の人格やら思想やらを批判してきました。
でもそれとは別に、人間だれでも「偉くなりすぎる」と、判断の質が低下するリスクが高まると思うのです。

ここで言う「偉い」とは、ただ市長だとか社長だとかではなく、自分の一声が世の中を動かし、圧倒的多数の人々が自分の一挙手一投足に注目する・・・そんな人物になった、という意味です。

自分が世の中にすごい影響力を及ぼしている・・・それを日々実感していたら、「偉く」なった気がするのが人間では。

それは政治家、経営者、アーティスト、どんな立場かに関係なく起き得ることでしょう。

かつて、「伝説のホテルマン」と呼ばれた前ザ・ウィンザー・エンタープライズの窪山哲雄社長にお会いしたときのこと。
それは、あのザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパがオープン目前の頃でした。

窪山さんはリーダー論のなかで、「経営にもオンブズマン制度が必要」と強調されていました。
オンブズマン制度とは、行政の執行を市民が監視し、何かあれば異議申し立てをしたり、それに行政が対応する制度。

それになぞらえた言葉でした。
経営者は実績を上げて偉くなると、周囲の人々が厳しいことを言えなくなる。だから偉くなる前に、そういう仕組みをつくっておくことが大事なのだと。

ボクはオンブズマンとコーチを置き換えて、エグゼクティブコーチングを始めるタイミングを考えてみました。

日本のリーダーと呼ばれる立場にある人の多くは、部下に学べとは言うけれど、自分が学ぶことには腰が重い・・・もちろん例外のすばらしい人もたくさんいますけど、全体としてみれば前者が多い印象をもっています。

それは何も日本に限ったことではないかもしれませんが、だからこそ、どんなに「偉く」なっても、横の関係でパートナーシップが機能する相手を、早くみつけておくほうがいいと思います。

もちろん社外役員や監査役など、広く認知されている仕組みや役割も大切です。しかしそういう役割を担う人々と深くかかわるようになる頃には、すでにかなり「偉く」なっていることが多いのでは。
そうすると、ほんらいそうした仕組みに期待されることが、不十分になりやすいでしょう。時の総理のやりたいことを理屈づけするだけの諮問委員会・・・みたく。

あの、どうみても救いようのない橋下市長の発言。ボクはほんらい、もっと彼は優れた仕事ができる人だと今でも思っています。けれどイエスマンと敵しかいないような関係性が、その能力をスポイルしている気がします。

ずっと以前にうかがった窪山さんの話は、なぜかとても印象に残っていて、こういうことがあるたびに記憶の倉庫から飛び出してくるのです。

未来から「今」を変える、一人ひとりのリーダーシップ~新しい「生き方」「働き方」をめぐる対話会~

スライド2 スライド1

5月18日に仙台市内で、トークライブと対話会のイベントを開催します。

ゲストは、農業法人代表の笹井賢也さん。
長年、東京で会社を経営されていた笹井さんは、震災を機に、それまで心の中にため込んでいたビジネスマンとしての
生き方、働き方への疑問が、一気に噴出したのだそう。

そして2012年1月に、震災による被害の少なかった秋保温泉の近くに移住。
現在の法人を立ち上げて、「新日本農業」の構想を掲げて‟持続可能な力強い農業の確立‟に取り組んでおられます。

日本古来から伝承される農法と新しい技術の融合。
2次産業、3次産業を垂直統合したビジネスモデル。
被災農家の人々を雇い、地域の生産者と協働して、地域連携による文字どおり「きずな」を礎にした取り組み。
自然エネルギー活用、都市と農村の連携、農業を通じた人材育成。

ボクは同い年でまったく同時代を大阪で過ごした笹井さんのチャレンジに、勝手にシンクロして無理なお願いをした次第。

あの3・11以降、この国は、自分の足で立ち上がって行く先などわからなくても前に進もうとする者たちと、
殻に閉じこもって嵐が過ぎ去るのを待つ者たちとに、くっきり分かれてきているような気がします。

でも、嵐はわれわれが生きている間中、過ぎ去ることはない・・・というのが、ボク自身の感覚です。

だから、行く先がわからなくても進みながら光を探そうと、ボクはそちらの立場で生きています。

だから、そんな屁理屈など吹き飛ばすようなエネルギーを感じさせてくれる笹井さんの物語を、
仙台でみなさんと共有したいと思うのです。

去年同様、仙台で飲み食いして経済に貢献しようツアー・・・も計画しています。
被災地の人と友達になる、直接気軽に話せる人をつくることで、
あの日から時計の針は進んでいないこと、歩みが遅いままであることを、教わることも多いでしょう。

少しでも東北に金を落として、地元の人たちの声を聴く。

これをずっとずっと続けていきたい。そこからまた、何か新しいアイデアが芽生えることもあると思うし。

みなさんの御参加をおまちしています。

1 / 1612345...10...最後 »