Facebook

Twitter

水問題から探るコンシャスビジネス

今週は世界水週間です。

日本にいると特別な災害が発生しないかぎり水の有り難さを実感することが難しいけれど、世界全体を見ると水不足は日々の現実。

国連総会のトム・ピーターソン議長は、世界の気候問題と水資源問題こそが「われわれの存在の基本原理」と語っています。ここでいう「われわれ」とは、もちろんこれを書いている私や、読んでくださっている「あなた」を含む人類という意味でしょう。

基本原理であるからには、待ったなしの気候と水の問題にアプローチすることなくして、国連が掲げるSDGs(2030年に向けた持続可能な開発目標・・・※17のゴールと169のアクションターゲット)の成功はあり得ないということです。

水問題は国際紛争によって引き起こされる側面があります。たとえばシリアでは、給水ポンプの破壊や水資源の汚染が意図的に行われています。それによって衛生状態の悪化が加速し、伝染病が蔓延することで混乱が広がります。水が大量殺戮の武器になるということは、日本では考えにくいけれど現実です。

水問題はビジネスに絡む産業的な問題でもあります。たとえば電気自動車に欠かせない金属素材コバルトの主要産地であるコンゴは、内乱と干ばつのダブルパンチで水不足が深刻化しています。このような状態で安定的なコバルト生産が不安視されており、成長の期待されている電気自動車の生産に大きな影響が及ぶ可能性があります。

こうした複雑な状況のなかで、水という生命にとっての「基本原理」にビジネスの立場から何ができるか。

上記にふれた衛生問題、そして産業のイノベーションという観点を加えて、9月26日の夜

SDGs(持続可能な開発目標)に向けたビジネスとリーダーシップ

を開催します。

みなさんのご参加をおまちしています。

リーダーを動かすリーダーシップを

日中の対立が気候変動対策の場でも深刻化している。
京都議定書の延長を求める中国をはじめとする成長国と、
新議定書への速やかな移行を求める日本を含む先進国。
日本の感覚からすると、他の政治的な問題による感情のこじれもある昨今、
勝手なことばかり言うな、と言いたい空気が濃厚だ。
しかし立場を変えてみれば、
さんざん勝手なことをしてきたのは先進国。
ボクはこの問題、
いったん中国やインドを脇へ置いてでも、
どれだけ先進国側が共生の時代に舵を切れるかが鍵だと思う。
日本とアメリカとEUで革新的な気候変動対策を盛り込んだレギュレーションをつくり、
「舵を切ったほうが儲かる」仕組みをつくることだ。
しかし、これは成長国の大市場に色目を使っている限り不可能だろう。
そしておそらく、短期的には色目使いの中途半端な政策に甘んじるほうが、
経済的にはプラスに作用する。
その半面、じわじわと私たちの惑星の屋台骨を崩していくことになる。
どれだけ中長期的な視点から、根本的な変容に向けた覚悟をもてるか。
特定のリーダーシップに期待するのではなく、
特定せざるを得ない政治上の、そして経済上のリーダーを突き動かす
集合的なリーダーシップが求められている。

取り残される日本

この国のリーダーシップが機能不全に陥っていることは、
多くの人が感じているはずだ。
具体例はいくらでも挙げられるけど、
グローバルな長期課題でいえば環境問題への対応が典型だろう。
欧州が環境対応を戦略に位置づけているのは周知の事実だし、
オバマ政権となったアメリカは環境ニューディールに大きく舵を切る。
未だに明確な数値目標すら設定できていないのは、
主要国では日本とロシアだけである。
もともと省資源が進んでいるぶん、他国に歩調を合わせると不利になる・・・。
そんな思惑が産業界にはあり、その産業界に支えられた政界も
大胆な目標設定に及び腰となる。
積極的に環境対応を進めようとする人たちでさえ、
環境対策はコストがかさむ・・・という視点しかもたない人が多い。
早くから環境対策を進めてきたからこそ、
日本は技術的に優位に立ち競争力を高めたことを忘れている。
日本が培ってきた省エネ技術は、
アメリカはもちろん、中国、インド、ロシアなど、
巨大なマーケットをリードしていく可能性を秘めている。
環境で儲けようという発想に冷や水を浴びせる傾向も、
日本の特徴といえるかもしれない。
儲かるからやっている、だから環境問題なんて“まやかし”だと、
世界を代表する科学者たちの合意を偏狭な理屈であしらおうとする輩もいる。
ボクは、環境で儲けて何が悪い、と思っている。
ほんとうに持続可能性を切り拓く環境技術、環境サービスを提供するなら、
そこから利益を生み出して好循環を作り出すことの何が問題なのか。
もちろんほんとうに価値のある事業と、環境をエサにした商売は区別しなくては
ならないけれど。

寒がり症候群

「名古屋、寒いから気をつけてください」と、複数の人に言われながら
「今日は東京も寒いから似たようなもんでしょう」とか、返しながら名古屋へ。
今朝は暖かく、過ごしやすい中でのフォロワーシップ研修。
帰りのタクシーの車内で、長年名古屋の街を走り続ける運転手さんと話しながら
ふと正気にもどる。
運転手さん曰く、「暖かいですよ、昨日だって。昔は今頃、朝はいつもフロントガラスに
霜がっはってたもんですよ。今なんか、全然そんなことないでしょ」
そう、その通りだ。昨日が寒いのではなく、あれが「ほどほど」の気候で、
今日なんかは異常な暖かさなのだ。
それなのに、われわれは温暖化に慣れて、少し気温が下がると「寒い」と言う。
寒がり症候群で温暖化の進行を忘れると、大変なことになる。
パンデミックに次いでたいへんな話ばかり書いている気がするけど、
たいへんなことが多いという事実から絶対に目をそむけてはならない。

エコロジカル・フットプリント

Images
人間が消費する資源を提供し、消費を通じて排出されるCO2を吸収する
ために、いくつの地球が必要か?
これを示すのがエコロジカル・フットプリントで、
1970年代の終わり頃に、ちょうど地球一個分が消費の後始末をしてくれていた。
その後、人間の資源消費量は、地球が吸収可能な量を常に上回っている。
1990年時点では20%の超過である。それから20年近くを経た現在、
超過量が増えていることはあっても、減っていることは考えにくい。
地球が人類にとって持続可能ではなくなっているということは、
このエコロジカル・フットプリントで明らかだ。
エコ活動をファッショだなんだと批判する向きもあるけれど、
まったくそういう問題ではない。これは既に、シンプルな科学的事実である。
ビジネス活動によって超過を推し進めてきた企業は、
自らの成長のために成長できない構造を作り出そうとしている。
サスティナブル革命は政治や社会のテーマであるだけではなく、
これから100年のビジネスシーンにおける主題となる。
先週、大坂の『ビジョンマッピング』講演で、
3分の1くらいはこれに関連する話をしてしまったかも・・・。
どう受け取られるか不安はあるのだけど、
ほんとうにビジョンというものに向き合っていくためには、
避けては通れないところなのです。

1 / 612345...最後 »