Facebook

Twitter

逆効果の応急処置

1
入試をやめて、教師を入れ変えれば、
たちまち校風が変わるのだろうか。
それは、不祥事を起こした企業において、
当事者たる部門の管理職全員を配置転換して、
マネジメント人材を総とっかえするようなものだ。
この部門はもともとスペシャリティの高い職務を担うところで、
入社してくる人材も会社というより、その仕事をめざしてくる。
それでも
「職種別採用は停止したので、この仕事はできません」
「通常の総合職採用への門戸を開放します」
で、通用するのだろうか。
これをやって、「風土を‟0”にする」と言う、橋下市長の話す意味がわからない。
風土ってそう簡単に変わるものではないし、
一つの組織でも部門によってかなり違うこともある。
突然、今までの受験に向けた努力を反故にされかけている子どもたちは、
大人に対して、学校に対して、そして社会に対して、
どんな印象を抱くだろう。
極めてセンシティブな15歳の冬に。
その影響は、計り知れない。
複雑な問題を簡単に力づくで解こうとするから、こういうことになる。
体罰(もっと広くとらえれば、コミュニケーション不全)という症状は、
学校の枠組みを超えた複雑性の高いシステムから生まれている。
そこに体育科の試験中止等々の外科的療法で対処するのは、
あくまで混乱期の応急処置だ。
しかし応急処置にもさまざまな選択肢があろう。
ボクは、この橋下市長の選択肢がベターだとは思わない。
なぜならば、それは受験生たちの選択肢を奪うものであり、
広くとらえれば教育の多様性が失われていくものだと思うから。
こういうやり方が続けば、
それは、ある程度の時間をおいて、副作用となって現れてくる。
学校と生徒や父母、地域、スポーツ関係者、教育の専門家・・・。
すべてのステークホルダーが当事者として、
この悲しい現実から目を背けないで未来を探ること。
それ以外に、亡くなった少年に報いる方法はない。
ボクは橋下徹という人を、どちらかと言えば支持してきた立場なのだけど、
この問題に関しては、明らかにNOだ。
そして、自分が今の立場において思いつきで発言することが、
どれほどの影響を持つのかということに気づいてほしい。
それを諭す人が周囲にいないとすれば、
ことによると彼のリーダーシップはもう限界かも、とさえ思う。
< お知らせ >
2月8日に、「逆効果の応急処置」と「問題の転嫁」という二つのシステム原型を使った勉強会・・・「システム原型を使ったビジョンづくりの勉強会」を開催します。
詳細はこちらです
吉田典生の新刊
召命 Calling ~未来から「今」を変える一人ひとりのリーダーシップ 
Cover_calling_2

こどもカフェ~おしゃべりしまくりの夏~

Img_0042
ワールドカフェという対話のスタイルが、急速に普及しはじめています。
8月7日、キッズが主役のワールドカフェ、
題して < “おしゃべり”しまくりの夏 > を開催します。
会場は、とってもステキな千葉県・松戸市にある「森のホール21」。
小学生のお子さんがいらっしゃる場合は、
参加それ自体を夏休みの自由課題にしていただくことも可能かと思います。
中学生のお兄さん、お姉さんは、ぜひ”カフェホスト”(進行役)にチャレンジを。
☆ゲームによるおとな・こども同士でのおしゃべり
☆好きなテーマで自由におしゃべいり
☆近くの公園でBBQ(自由参加)
【開催趣旨】
☆子供、大人ともに日頃の限られたコミュニティから飛び出して、
いろんな人と出会い、のびのびとした対話を楽しんでもらいたい。
☆参加した親子が日頃は意識しない「対話」それ自体を意識して味わい、
それぞれの「未来をつくる対話」への何らかの気づきを持ち帰ってもらいたい。
☆参加した後、こどもたちにとって何らかの力になっていくような「思い出」
にしてもらいたい。(大人の方にも)
【開催日時・場所】
☆日時  8月7日(土)10時~15時
・親子、友達とおしゃべり 10時~13時
・公園でBBQ 13時~15時
※途中参加、途中退出、再入場可能
☆会場
森のホール21(松戸市文化会館)3階大会議室
最寄駅 新京成電鉄 八柱駅、JR武蔵野線 新八柱駅 徒歩15分
【参加対象者】
・大人:こどもさんを同伴できる方
・こども:小学生、中学生(幼児同伴も可)
※小さなお子様は企画運営側でサポートします。
※中学生は進行役にチャレンジする人も募集!
【申込み方法】
ここからお申込みください。
【参加費】
1.BBQ不参加の場合
大人(1人あたり)500円、こども無料
2.BBQ参加の場合
大人(1人あたり)2500円、こども無料
【申込み締め切り】
8月1日(日曜)22時まで
 
 
 

なりたい大人

子供のころ、身近なところに
「あの人のようになりたい」と思う大人、いましたか?
以下は、新聞に出ていた気になるデータ。
中高生に対して調査した結果(国立青少年教育振興機構)によると、
「あの人のようになりたい」と思う大人が周囲に「いない」の割合は、
小5で33%、中2で49%、高2で51%。
成長にしたがって身近なロールモデルが減っていく現実、
あなたは、どう思いますか。
とはいえ、自分が子供の頃に聞かれたら、
たぶん「いない」だったなあ。特に、高2のときなら明らかに・・・。
だから、それが問題かどうか、よくわからないけれど、
この割合の調査年次ごとの比較や、国別の比較などを
できれば見てみたいものだと思った。

また恐ろしいデータ・・・

高校生の20%が、「親を殺したいと思ったことがある」という。
何日か前にここで、
「東京の中小企業の社員の20%が、自殺したいと思った
ことがある」というデータを取り上げた。
死にたいと、殺したい。
やりきれない負の連鎖。
あなたは、何を感じますか。

なぜ保健室に行っちゃいけないの?

息子から学校の奇妙な話を聞いた。
保健室に行った児童の数をクラスごとにカウントして、
どのクラスが少ないかを競っている?らしいのだ。
入学したばかりの長女の担任は、
「うちのクラスは一人も保健室に行っていない」
ことを自慢していたという・・・。
ちょっとしたことで保健室にかけこむ子供が
増えていると、以前に聞いたことがある。
保健室がサボタージュ室になったら問題だけど、
行かなきゃならないときも当然ある。
「ちょっとすり傷ができたけど、
バンドエイドもらいに行かずに唾つけとくんだ」
長男の話を聞いて、ますます何かずれていると思った。
もちろん子供がではなく教師が、学校がである。
大事なのは保健室に行く回数、行かない回数ではなく、
状況判断だろう。
がまんすべきこと、助けを求めるべきことの基礎的な判断。
そういうことを子供と共有せずに、
さぼるのを防ぐために、
保健室に行くのを制限するような仕向け方。
教師が安易過ぎる。問題意識なさすぎる。
こういう先生ばかりではないと思うけど、
おかしいじゃないかと声を挙げること、できないのか。
表層的なところだけを見た決め事が、
子供に何をもたらすかがわかっていないとしたら
たいへんな問題だ。

1 / 212