Facebook

Twitter

水問題から探るコンシャスビジネス

今週は世界水週間です。

日本にいると特別な災害が発生しないかぎり水の有り難さを実感することが難しいけれど、世界全体を見ると水不足は日々の現実。

国連総会のトム・ピーターソン議長は、世界の気候問題と水資源問題こそが「われわれの存在の基本原理」と語っています。ここでいう「われわれ」とは、もちろんこれを書いている私や、読んでくださっている「あなた」を含む人類という意味でしょう。

基本原理であるからには、待ったなしの気候と水の問題にアプローチすることなくして、国連が掲げるSDGs(2030年に向けた持続可能な開発目標・・・※17のゴールと169のアクションターゲット)の成功はあり得ないということです。

水問題は国際紛争によって引き起こされる側面があります。たとえばシリアでは、給水ポンプの破壊や水資源の汚染が意図的に行われています。それによって衛生状態の悪化が加速し、伝染病が蔓延することで混乱が広がります。水が大量殺戮の武器になるということは、日本では考えにくいけれど現実です。

水問題はビジネスに絡む産業的な問題でもあります。たとえば電気自動車に欠かせない金属素材コバルトの主要産地であるコンゴは、内乱と干ばつのダブルパンチで水不足が深刻化しています。このような状態で安定的なコバルト生産が不安視されており、成長の期待されている電気自動車の生産に大きな影響が及ぶ可能性があります。

こうした複雑な状況のなかで、水という生命にとっての「基本原理」にビジネスの立場から何ができるか。

上記にふれた衛生問題、そして産業のイノベーションという観点を加えて、9月26日の夜

SDGs(持続可能な開発目標)に向けたビジネスとリーダーシップ

を開催します。

みなさんのご参加をおまちしています。

共有ビジョンが未来をつくる

ほんとうの故郷

DNAをたどると、人類の起源は東アフリカに行きつく。
わたしたち全員のほんとうの故郷は、アフリカだ。
しかし多くの日本人にとって、その故郷との物理的かつ心理的な距離は
はてしなく遠いのではないだろうか。
そんな中、アフリカ開発会議が横浜で開かれた。
ここで話し合われたことは、7月の洞爺湖サミットにつづくだろう。
サミットは環境問題一色に塗りつくされそうだが、
その環境問題とアフリカの貧困問題は切り離せない関係にある。
U2のボノとともに来日しているボブ・ゲルドフ(85年、歴史に残る音楽イベント
ライブ・エイド』をプロデュースした、ロックバンド「ブームタウン・ラッツ」の
ボーカリスト)は言う。
「貧困は解消できる。戦後の日本がその証明だ。競争ではなく、協力が
21世紀の政治的パラダイムであるべきだ」
さて、日本は、なにを、どう主導できるだろう。

72時間

72時間、つまり3日間は生存できる。
それ以内に救出作業ができるか否かで、
生存者数は大きく変わるといわれている。
四川大地震から、今日の午後で72時間が経過する。
もしも地震直後から日本の自衛隊や韓国軍が入り、
共に救出作業を行うことができたら・・・
救うことのできる命はどのくらい変わるだろう。
中国政府は海外のマスコミさえシャットアウトしている有様。
国のメンツや威信なるものが、
世界にどう映っているかを理解できない指導者たち。
それはもう裸の王様とさえ、ボクは言いたいくらいである。

リーダーの器は見抜けるか?

任命責任と多くの人が口にする。
結果的にリーダーの器ではなかった、
安倍さんを総理に据えたことを指して。
けれど、これは企業でもよく起きることだけど、
経験豊富な人たちが検討を重ねて、
やっと選んだリーダーが
期待に反することは珍しくない。
内部からの起用、ヘッドハントを含めて。
政策よりリーダーとしての在り方に失望したと、
一昨日ブログに書いた。
そんなボクも、
もちろん安倍さんの器がどういうものか
知る由もなかった。
周囲にいる人々がそれではダメだろうと、
評論家気取りで言うのは簡単だ。
だけど
自分がさまざまな形で携わってきた組織で、
スケールは違えど似たようなことが起きているのだ。
人を選ぶ目を磨く。
これ、永遠のテーマだと思う。
磨かれたようでいて、案外それは当てにならない。
環境が変われば、
足りる器だとみなされた人物にもミスマッチが生じる。
それはともかく、
一匹狼と言われた小泉さんが求心力を保ち、
当初お友達を集めたはずの安倍さんが
けっきょく孤立化していった過程は興味深い。
単なる仲良し集団と、機能するチームはまったく別ものだ。
これについては、ボクなりにかなり確信をもっている。

1 / 3123