Facebook

Twitter

群れと孤独とフォロワーシップ

昨日は酒井穣さんをゲストにお迎えして、
私が理事として携わっているMiLIの月例セミナーを開催しました。

IMG_2289

私たちとは異なる観点から、
だけど根底では通じてくる普遍的なお話として、
マインドフルリーダーシップを語っていただく貴重な時間でした。

さて、ここは私の個人ブログなので、
自分の大事な引き出しの一つであるフォロワーシップに絡めたいと思います。

「自分の価値観に沿って生きるのがリーダー」
それが酒井さんの一貫した主張です。

価値観を貫く。たいへんなことです。
逆から考えると(昨日のセミナーでもふれられたのですが)、
人間はふつう、群れるようにできているのですね。

昨日の例えとしておもしろかったのは、
「原始時代、二足歩行で走るのが遅く、体毛も少ない人間が
個人行動などしていたら危なくて仕方がなかっただろう」
という酒井さんの話。

そんなのは野獣の絶好の餌食になって死滅した。
そりゃそうですよね。だから群れる種族が生き残ったのです。

この話、よくMiLIで脳の仕組みとして言及することに
相通じるものがあります。
< 環境に適応するために必要だった行動、それを司る脳。
  そのデフォルトを引きずったまま、子孫である私たちは
  デジタルテクノロジーの時代を生きている。
  デフォルトが更新されないために、
  時代の大きな転換期において「人」という側面から問題が膨らんでいく。>

人は、群れるのがふつう。
だけど、常に移ろいゆく環境を生き抜くには
イノベーションが必要になる。

案外知られていないイノベーションのほんとうの意味、
というのも、昨日の大事なポイントでした。

< 不断に古きものを破壊し、新しきものを創造して、
  たえず内部から構造を革命的に変化させる >

内部から、というのは、自分の奥底からということ。
これは私たちが、Vertical Development(垂直開発)
と言っていることです。
いくらスキルを増やしても(水平開発)、
〝アップデートされない自分〟が使うスキルには限界があります。

人は群れるけど、群れに安住しないのがリーダー。

そして酒井さんは動物生態学を紐解き、
「ミツバチのダンス」を引き合いにしながら、
次のように話しました。

< 世界を変えるためには、群れ全体に
  進むべき方向を示す必要はない。

  世界を変えるのに必要なのは、
  自分として進むべき方向を決め、
  そこに向かって、自分が進むこと >

なぜそれによってリーダーシップが発揮されるかと言えば、
(ここからは私の表現ですが)
一部のフォロワーが孤独なリーダーに追随するからです。

群れないリーダーは得てして奇抜であり、
平たく言えば、かなりの変わり者。
私が敬愛する〝KACHAMAN〟こと勝屋久さん流にいえば
〝ヘンタイ〟です。

たいていの人は〝ヘンタイ〟を嫌うのですが、
一部に好き者がいるわけです。
スティーブ・ジョブズの傍にも、
本田宗一郎にも、もっと古くはヘンリー・フォードにも。

ヘンリー・フォードって、クルマが米国でも高値の花だった時代に、
「国民が移動の自由を手にできる社会にする」というビジョンを描きました。
世界を変えるんだというぶっ飛び感は、ジョブズと同じですね。

だけど、エンジニアリングも営業も経理も販売チャネル構築も、
なんもわからない素人だったの、ご存知ですか。
ジョブズがプログラミングを書けなかったように。

なんも知らない人がそんな大そうな話をしたら、
ふつう日本の社会だったら「ただのアホ」「ホラ吹きやろう」
と思われるのがオチ。
だけど実現を信じて疑わないのが〝ヘンタイ〟たる所以。

そこに各分野に秀でた好きものたちが集まって、
革命的生産方式とT型フォードという国民車が誕生します。

未来を見通すリーダーが、孤独を恐れず立ち上がる。
そこから一歩も引かない覚悟を示し続ける。

それは物語的にカッコいいし、波紋を投げかける存在がいなくては
なにも始まらないのは事実。

しかし、一人で世界が変わるわけではない。

群れの住人たちが恐れをなす〝ヘンタイ〟をフォローするのも、
相当な覚悟がいります。
この人たちも変わっているといえばそうかもしれないけど、
まあ言いだしっぺよりは〝ふつう〟にみえる。

その等身大の何名かが正真正銘の〝ヘンタイ〟を巧みにフォローすると、
最初の組織プレーが現れてきます。
すでにこの段階でリーダーシップは、関係性に埋め込まれています。

もう一つ重要なことは、
等身大の面々がこのようにふるまうことで、
〝ヘンタイ〟の独善性が中和されてメッセージが伝わりやすくなること。

そんなに孤独になれない人たち、
いや〝ヘンタイ〟の仲間になんか絶対なるのは嫌だと
思っている人たちが、
せいぜひ〝ヘン〟くらいかなと思い始め、
いやもしかすると〝ヘ〟くらいだろうとなり、
何段階かはさんで最後には、
このまま同じところにとどまっている自分たちが
実は〝ヘンタイ〟と思われているかもしれない・・・という
段階までやってきます。

このようにして、
実はなにも変わらない群れの論理が、
停滞の力から変革の力、推進の力へと変わっていくのです。

これも私のフォロワーシップ研修では定番ですが、
『日本が変わるスイッチが入っている映像』は、まさにこれ。

群れのリスクは、数的優位性という意味では変革のリソースです。
最後はそこに行き着くことで世界が変わる。
そうやって考えていくと、
群れと孤独というのは必ずしも対立概念ではないと、私は思います。

 

社会を動かすフォロワーシップ

久しぶりにシンガポールに出張した先週、
これからの時代のリーダーシップを考える良い機会になりました。

Wisdom2.0 asia Leadership in Business and Society

という国際会議に参加したのですが、
これは毎年2月にサンフランシスコで開かれている
「デジタル世代がより良い次の世界の在り方を探る国際会議」のアジア版でした。

内容については、ハフィントンポストにも書いたので、
ここではシンガポール、リーダーシップ、そしてフォロワーシップ・・・
という切り口で掘り下げてみたいと思います。

DSC_1131

それというのも、シンガポールという都市国家ほど、
属人的リーダーシップによる発展が、
分かりやすい構図で説明できる国はないと思うからです。

今年3月に亡くなった建国の父、リー・クアンユー。
彼はアジア人の特徴を
「賢人に従い、集団の利益のために規律正しく行動する」
ところにあると考えました。

個人が自己主張しあうなかで社会を構成していくような、
欧米型のプロセスは同国の発展に寄与しない、としたのです。

もちろん他にも、よく知られた管理統制方式を選んだ理由は
あるでしょう。

小国である、資源がない、多用な民族がまざる移民国家であること、など。

シンガポールの発展をみると、
ほんとうに国民が良い意味で従順に、リーダー(一部の官僚を含む)の理念と
実行能力を信じ、まさにフォローしてきたのだと感じます。

内心いろいろ思うことがあるのは人間ならば当然ですが、
国の発展という結果をみれば、
ここにあるのはポジティブな意味での「従属的なフォロワーシップ」だと
私は思います。

「アジア人の集団主義」という意味では、
日本にも通じるものがあると言えるでしょう。
それは戦後の高度経済成長が、霞ヶ関主導で成し遂げられてきたことからも
わかります。

ただ一方で、モノづくりの現場におけるボトムアップの取り組みのように、
指導者層に働きかける協働的フォロワーシップが、
日本を支えてきたことも明らかです。

そこでは一定の秩序、集団的な規律が重んじられているのと同時に、
労使、エスタブリッシュメントと一般層、
ホワイトカラーとブルーカラーの、
フラットな関係性から芽生えてくる叡智があったと思うのです。

特定のすごいリーダーが、社会(会社)を導いた・・・
という物語は、もちろん日本にも当てはめることができます。

しかしかつてNHKで人気を集めたプロジェクトXのように、
名もなき現場の血と汗と涙が、日本の社会と会社には
色濃く反映されてきたのではないでしょうか。

そこには欧米型の個人主義社会の上にたつリーダーシップでもなく、
リー・クアンユーが成功させた集団主義を前提にする
エリート主導のリーダーシップでもない、
日本独自のリーダーシップ、そして、それを支える
フォロワーシップが息づいてきたと思います。

「これからの時代の叡智」としてのリーダーシップを探る
Wisdom2.0 asia という場で、

だからこそフォロワーシップを問い直してみたいと思ったのでした。

received_10206647236080931

なぜセルフアウェアネスがリーダーシップの肝なのか

エル・ドラド (640x360) (320x180)

リーダーシップにおいてもっとも重要な要素、
あなたは何だと思いますか。

スタンフォード大学ビジネススクールのカウンシル(評議委員)に
聞いたところ、
満場一致でセルフアウェアネス=自己認知
という回答が返ってきたそうです。

エモーショナルインテリジェンス(EI、いわゆるEQ)でも、
第一に挙げられるのがセルフアウェアネス。

リーダーシップに関するアカデミアの見解は、
概ねここに収斂されるといっても過言ではありません。

でもビジネスの現場、日常的な実感としてみると、
セルフアウェアネスとリーダーシップの間には、
連結のミゾがあるようです。

自分を知るとは一体、なにを知るということなのか。

強みや特性、弱点など、表層的行動や表層に現れやすいもの、
価値観や信念といった内在しているもの、
周囲の人々との関係性や周囲に及ぼしている影響といった、
間主観的な要素、
健康状態や体力など、より基本的なこと。

セルフアウェアネスの対象は、実に多様です。

その多様な自分への気づきが、
なぜリーダーシップにおいていちばん大切な要素なのか。

脳神経科学の視点でみると、
自己認知を司る脳の機能が、共感など他者との関係性に関する機能と
連携していく(脳の部位が重なってくる)という説明もできます。

もっと身近に行動レベルでとらえると、
自分をしっかりと認知することを通して、
何をどのように制御するとよいかが見えてくるということ。

あなたの行動を想定してみましょう。
たとえばコミュニケーションの特性についての自己認知。
仮に「私は、つい喋りすぎてしまう」傾向を、
何らかの方法によって十分に理解したとします。
さらに、そのことが自分の部下に与えている影響も
十分に実感したとしましょう。

他方、行動を改善するためには、
自分が今の役割においてもっと効果的になるための
指針が必要です。
つまり、自分と同じ立場で最善の結果を出しているマネージャーは、
どのようにふるまっているのか、についての情報です。

自分を知り(知り直し)、役割に応じたロールモデルを知る。
それによって、自分の何を、どのように調整すれば、
もっとうまくやれるかのヒントが浮かんできます。
そして、実行に移す。

私はこれを、セルフアジャストと呼んでいます。

どんなに上司や組織が「・・・のように行動しなさい」と
あなたに求めても、
「私は・・・である」という自己認知が不十分では、
メッセージとしての意味を成しません。

自分がどこにいるかわからないのに、
上司が携帯に電話をかけてきて、
「今から1時間以内に東京駅の丸の内中央口に来てください」
と言ったとしましょう。

あなたは経験と勘で自分の居場所を特定し、
丸の内中央口に向かって行動を始めます。
元いた場所が幕張なのに、自分では浜松だと思っていたら
東京から遠ざかる方向に行ってしまいますよね。

これが、不十分な自己認知を放置して
「期待する(される)役割」「期待する(される)行動」を
はっきり伝える(伝えられる)リスクです。

あなたがあなた自身を知ることは、
他者や会社、顧客を知ることよりも優先されるべき
課題なのです。

さあ、私もこれから、
とっちらかり気味の自分を整理整頓するために、
月一回のコーチングを受けてクールダウンします。

組織変革を始めるのは誰か

2014115081686

 

今年最後のフォロワーシップの研修で、

一人の受講者から次のような質問を受けました。

「組織の上層部で戦略的な意思決定の方向性が複数あって、

なかなか意見がまとまらない」

「そうすると次の動きに入っていけないので、

われわれの立場で何かアクションを起こすことは難しいと感じる」

 

企業としてどのような方向にシフとしていくか。

戦略的な意思決定が経営層によって下されるのは当然でしょう。

しかし組織変革を促すような意思決定が、

どんなプロセスによって進んでいくか。

その歩みをたどってみると、

「組織変革はトップマネジメントからも、ミドルからも、

より現場に近いところからも起きている」・・・・・・

システム思考や学習する組織で有名なピーター・センゲ氏は、

著書の中でそう述べています。

 

そして、変革がどこから起きるかよりも重要なことは、

「一人ひとりの価値観や思いから発せられて組織のビジョンが

形成されていくこと」だとつづけます。

 

このメッセージを研修の中で紹介しながら、

私は受講者に質問しました。

「みなさんの間で上層部が議論されているようなテーマについて、

どのくらい話し合っているのでしょう」

その人の答えは、

「(どうせ自分たちに決められることではないので)それほどは・・・」

というものでした。

 

そこで、さらに私は質問しました。

「もっともっと議論して、そこから上がってきた声を

トップマネジメントに向けて発信していける可能性はどうでしょう」

 

その人は少し考えてから、

「そうすれば、なんらかの影響を及ぼせるのかもしれませんね・・・」

 

組織変革とは、誰かがスイッチを押したら変わった、というものでは

ないでしょう。

組織というシステムの一部であるさまざまな人々が、

オーガニックに絡まりあい、影響を及ぼしあうことで、

立ち現れてくる複雑で神秘的な物語です。

 

自分がその変革の一部なのだという感覚こそが、

より良い会社をつくる起点なのだと思います。

ふつうの人ができる人に変わるシンプルな習慣

DSC_0619~2 (678x800) (542x640)

PHPから私の新刊が出ます。
今回の本は、本と言ってもムックのような体裁で、
ビジュアルを多用しています。

しかも流通ルートがユニークで、
主にセブンイレブンの書籍、雑誌コーナーで販売いたします。

ローソン、ファミマ、一般書店にも少し配本されるようですが、
基本的にはセブンイレブンでの半独占販売。

言ってみれば、
PHPとセブンイレブンのコラボレーションみたいなシリーズなのです。
異なる業界の大手2社とともに、
私も著者として実験的なビジネスに挑んでおります。

と、販売のことを先に書きましたが、
実は内容も書店ではなく、コンビニで本を買う人に向けています。
ですから、私のブログを読んでくださる方々とは、
ちょっと違う層のみなさん・・・ということになるかも。
(でも、読んでくださいませ笑)

どういうことかと言えば、
分厚いハードカバーの、ハイエンドなビジネス書なんかは、
ちょっと苦手な人。

そもそも、あんまり活字を読まない人。
だけど、仕事の悩みはいろいろあって、
なんとかしたいよなあという、リアルな日常を生きている人。

ビールやアイスクリームを買いにいったついでに、
人目を忍んで〝エロ本〟コーナーに目を向けた人が、
いや、きょうはこっちにしよう・・・と、レジに持っていける本。

あっ、この例えだと男性しか意識してないみたいですが、
そうではありませんよ。
アンアンのS○X特集のついでに、こっちも買っとこうという女性も歓迎。

いやべつに、その手のことに関心が高い人だけを
対象にしているわけではありません。
たまたま、説明がそういう流れになっただけで・・・。
気を悪くしないでください。あなたにも、ぜひ読んでほしいのですから。

もしくは、このくらいなら読めるだろう・・・と思える誰かに、
ぜひ勧めていただきたいのですから。

そんで一体どんな内容なんだと思われるでしょうが、
タイトルにあるとおり、〝シンプルな習慣〟についての本です。

ほんの些細なきっかけ、ごく小さな工夫によって、
誰もが、「自分だって捨てたもんじゃないぞ」という自分になれる。

私が出会ってきた「人生でいい流れをつくっている人」や、
コーチングのなかで見出してきた簡単で長続きする行動変革。

そんなこんなを、いろんな角度から取り上げています。
コーチングで扱ってきたテーマや、
そこから生まれてきたフォロワーシップ、もちろんリーダーシップ。
そしてマインドフルネスに関することも、
ちゃんと、しっかり、真面目に取り上げていますよ。

ちなみに発売前に目を通したうちの長男(私学の高2、サッカー部、数学赤点)は、
「この薄さがいい」と、評しておりました。
中身じゃなくて、物理的な話です。念のため。

1 / 812345...最後 »