Facebook

Twitter

自殺の連鎖

いじめに遭った子供たちが、
自殺という最悪の結末を選択肢にしつつあるようで、気になる。
死ねば、すべて片がつく・・・。
そう考えるのは間違いだが、
間違いだという断言が子供たちに伝わるわけではない。
これは、いじめの問題を超え、教育の問題を超えた、
日本という国の精神の在り方にかかる問題だ。
自分が存在するとはどういうことで、
生きるとはどういうことか。
そうしたことまでを、しっかり教師に教えろとは言えない。
この国が、
それを見つめる国であるのか否か。
そこが問題だ。