Coach to Organically Optimize

Tensei Yoshida Official Web Site

カテゴリー: マインドの最適化 (Page 1 of 5)

EQと健康と幸福の関係

自他の感情に気づき自らの感情を制御することで、より良い意思決定や対人関係構築につなげる能力。それが感情知能とか感情的知性と訳されるエモーショナルインテリジェンス(Emotional Intelligence)です。(※以下、通例にしたがってEQ=Emotional Intelligence Quotientと表します)

グローバルな信頼性の高いアセスメントを通して、日本人のEQは調査対象の160ヵ国(20万人)中、最下位という結果になりました。そしてWHOによる心身の健康度と幸福度を総合した指標(National Well-being Metrics=国別健康指標)とのクロス分析により、EQと健康水準の相関が明らかになっています。

上のグラフのX軸がEQ、Y軸が国別健康指標です。EQが低くて健康指標が高い左上にくる国は少なく、有意差のある正の相関が示されているのです。

EQのデータは、日本を含む世界25か国に拠点をもつシックスセカンズの調査によるものです。上のグラフの〇の色が濃いのは、ポジティブな思考や行動を生み出すために感情を制御する能力(感情のナビゲート)能力が高いことを示します。

さらにグラフの〇の大きさは、EQスコアとともに導き出されるWell beingを示しています。WHOの国別健康指標とEQ側からのWell beingが相関していることも、グラフからうかがわれます。

働き方改革が叫ばれるようになって久しいですが、どれだけ健康にまつわる複雑な背景と、そこに関連する要因が理解されているでしょう。前述した感情のナビゲートは、EQを構成するコンピテンシーのひとつです。この能力がEQコンピテンシーのなかで、もっともWHOの国別健康指標と正の相関が高いこともわかりました。

身体と心の健康、それに幸福感。これらが高くなると、感情をポジティブな方向に導く能力も上がるのでしょうか。仮に因果関係が認められるとしても、健康や幸福が非常に複雑な要素によって構成されていることを想定するなら、因果関係を具現化するのは容易ではないかも。

それよりも、状況にかかわらず感情をポジティブな方向に導く能力を磨くことで、健康や幸福のスコアを上げるほうが現実的に思えます。EQは抽象的な精神論ではなく、神経科学にもとづく開発可能な領域だからです。

ただしここで気をつけなければならないのは、相関は因果関係を示すとはかぎらないことです。

仮の話ですが、「体重の重いドライバーのほうがスピード違反を犯す確率が高い」という正の相関が出たとします。しかし常識的に考えて、体重とスピード違反に因果関係があるとは考えにくいでしょう。

しかし体重が重い=男性、体重が軽い=女性という第3の要素をみつけると、因果関係がわかります。

EQと健康・幸福の相関のなかに、欠けているパズルは何だろう。それを探求していく必要もありそうです。私は他の研究を関連づけてみると、人とのつながりの量と質、これが鍵になりそうだと考えているのですが。

====================================

2月2日(土)マインドフルコーチングのエッセンスを日常会話に活用

共感コミュニケーション_企業編@福岡~マインドフルな面談が会社を変える~

◇マインドフルコーチングの実践家を養成する

MBCC(マインドフルネス・ベースド・コーチ・キャンプ)第7期 4月開講

◇ハーバード教育大学院で教えられている「自ら問う力」を磨くプログラム

QFT(Question Formulation Technique)ワークショップ 3月30日(土)開催

共感力の実践

DHBRから翻訳刊行されている『エモーショナルインテリジェンスシリーズ』第1弾の『共感力』。著者の一人であるダニエル・ゴールマンは、共感を①認知的共感(他者の視点を理解する能力)②情動的共感(他者の感情をくみ取る能力)③共感的関心(相手が自分に何を求めているかを察知する力)・・・と分類しています。

しかしこれまでの心理学のなかでは、①と②の2つで説明されていることも多いです。私たちMBCCのプログラムでも、①と②をバランスよく磨くことで、自ずと獲得できるのが③だという立場です。また上記著書の②の説明は「他者の感情をくみ取る能力」とありますが、実際は相手に起こっている情動(身体反応を伴う感情の動き)を、自分自身も一緒に感じているということです。だから自己の感情についてのリテラシー(情動をリアルタイムに届く体内データとしてキャッチする能力)が、他者を理解する出発点になります。このあたりは著書でもふれられているところです。

相手に共感を示すということは、無理に合わせるとか、怒りなどのネガティブ感情を抑え込むことではありません。本書の中にこんな記述があります。

< 怒っていない素振りを演じながら接するのはやめたほうがよい。スタンフォード大学のエミリー・バトラーらの研究によれば、こうした見せかけの態度は自分と部下両方の血圧を上昇させるという。 > E.Butter et al.,”The Social Consequences of Expressive Suppression,” Emotion 3,no.1(2013):48-67.

無理に抑え込もうと我慢するのではなく、ほんとうに落ち着いた状態で制御する必要があるのです。

< 一歩退いて、自分の感情的反応をコントロールする必要がある。>

でもこの話だけだと、「言っていることはわかるけど、それが実際にできたら苦労しないよ」というのが、ふつうの人の感覚ではないでしょうか。実際に企業研修でこの話題にふれると、必ずそういう反応が出てきます。

本書では言及箇所は少ないのですが、ここで重要なのがマインドフルネス瞑想です。仕事などの現場で事が勃発しているときにどうするかの前に、そうした事態を想定して心を耕しておくのにマインドフルネス瞑想が有効なのです。

優れた聴き手の特徴として、本書は次の4つを挙げています。これは私が思うに、正確に理解するのが容易ではないところです。コンサルティング会社のCEO(ジャック・ゼンガ―)と社長(ジョセフ・フォークマン)の共同執筆による論文で挙がっているのは、

①よい傾聴は、相手が話している間に黙っていればよいというものではけっしてない

②よい傾聴は、相手の自己肯定感を育むようなやり取りを伴う

③よい傾聴は、協調的な会話のようなものである

④よい聞き手は、提案を投げかける傾向がある

著者らは多面評価で出てきた特徴にもとづいて、このように優れた聴き手を説明しています。

しかし私の現場感覚でいうと、この後の記述がとても重要です。傾聴にはさまざまなレベルがあり、段階を踏んで上記のような「よい傾聴」につながるということです。

暗黙知化された「優れた聴き手」の聴き方というのは、たとえば一流のテニスプレーヤーの一連の動きのようなものです。多くの人は、そこに至るために、いくつもの段階をたどる必要があります。

ここを押さえておかないと、聴こうと思ってもつい話に割って入ってしまうとか、提案しすぎて会話の主導権を奪ってしまうとか、なんだか上辺の誉め言葉で相手が引いてしまう、といった事態に陥るのです。

『共感力』という本に共感せずイチャモンつけているように思われるかもしれませんが、いい本ですよ。ただ本当にこの種の論文を血肉とするには、知行合一・・・の行の部分、実践が不可欠です。

===============================

2月2日(土)福岡

MBCC発 <共感コミュニケーション_企業編>~マインドフルな面談が会社を変える~

マインドフルコーチングの本質を誰もがすぐに実践できる手順に落とし込んだ、MBCCの共感コミュニケーション。ぜひ、体験してください。

インタビューの「聴く」から、コーチングの「聴く」へ

約20年前、私がはじめて学んだコーチングのプログラムでは、最初のクラスと次のクラス合わせて8時間を「聴くこと」だけに費やしていました。当時、ビジネス誌や専門誌の取材記者として日夜インタビューに明け暮れていた私は、聴くのは得意だと思っていました。ですから、これはちょろいと甘く見ていたのですが、そんなことはありませんでした。オリジナル版CTP(コーチ・トレーニング・プログラム)の開祖、故トマス・レナード恐るべし。

記者がインタビューでする質問は、企画に沿ってこちらが引き出したいことを話してもらうのが目的です。しかしコーチに作為的なアジェンダは不要です。アジェンダはクライアントと一緒につくるプロセスにおいて生成されてきます。

「聴くこと」の8時間において、まず私が手放さなければならなかったこと。それは、自分で話題を方向づけて、相手から出てくる話を予測したり、期待しながら聴く姿勢でした。予測や期待が、聴くことのノイズになっていくことがあります。相手の話す内容、さらにはインタビューがうまくいているかなど、つねに評価や判断が生じてくるのです。

限られた時間で必要な(とこちらが考えている)情報を引き出すことを意図したインタビューで大事なことが、コーチングでは障害になる。そう気づいたところから、自分のコーチとしての旅がはじまりました。

しかし他者と関わりながら、何らかの結果を出したい、出さねばという渇望や、ほんとうに結果を出せるのだろうかという不安のなかで生きている人間にとって、ただ会話のプロセスに身を投げ入れることは容易ではありません。なかなか要領を得なかったり、仕事に火がついている状況で意気消沈している相手などを目の前にすると、ただひたすらノーアジェンダで聴くことの苦痛が高まってきます。

ミルトン・メイヤロフという哲学者が書いた”On Caring”という名著があります(翻訳版は『ケアの本質』ゆみる出版)。人をケアする・・・という行為を、行為を超えて生きる根源から洞察している空前絶後の本だと私は思っています。こんなくだりがあります。

<  ケアには、その相手が、自らに適したときに、適した方法で成長していくのを信頼(Trust)することが含まれる。信頼は、ケアする相手の存在の独立性を、他者は他者なのであるとして、尊重する >

これを東洋的なnon-dual(非二元)の眼でみると、自他の相違に対する目覚めが、分かちがたい真のつながりをもたらす・・・。私は、そう受け取っています。

他者は他者なのである。その視座から聴いていくと、相手への理解とともに、さらなる未知が現れてきます。聴くことで、相手を「私は知らない」と自覚できるのです。聴き手が未知であることに気づいて、他者に寄り添い、聴きつづける。それはコーチングの実践を、パフォーマンスから生き方へ、質的に転換させていきます。

コーチとしての旅で得てきたこの学びは、コーチングという専門領域にとどめておくべきものではないと、私は確信しています(前述の著書が”コミュニケーションの本”でないように)。むしろ専門家によるアート(技法)であるという鎧を脱ぎ捨て、誰もが日常で実感できる体験に浸透させたい。コーチというプロフェッションの存在理由は、「そんなことは、誰にでもできる」という未来に着地させること。

それが実現できた暁には、「おお、人間ってステキ」と語る、人工知能の声が聞こえてくるかも。

=================================================


マインドフルコーチングの本質を、誰もが活用できるシンプルで本質的な実践へ
『共感コミュニケーション』企業編@福岡 2月2日(土) 10:00-12:00


教師から教えられている限り、僕らは何も学んでいない・・・
ハーバード大学教育大学院で教えられている、問いの定式化の授業
QFT(Question Formulation Technique)ワークショップ


コーチングを21世紀のソーシャルキャピタルに
マインドフルコーチングの実践家を養成する
MBCC基礎コース第7期 4月スタート

=================================================

親の共感とフィードバックが子供の認知機能を育む

親がそばに寄り添って応援してあげることが、幼児の認知処理に影響を与える・・・簡単に言えば、親の応援は知育を促す。日本の研究者による世界初の報告が、Social Neuroscience電子版10月9日号に掲載されています。※発表者:開 一夫(東京大学大学院総合文化研究科教授)、川本大史(中部大学人文学部心理学科講師)

この研究では5歳児21名を被験者にして幼児の興味が持続するよう工夫した認知課題を行わせ、成功と不成功の認知処理ができるかを実験しました。その結果、親が隣で応援しながら課題に取り組むと、成功と失敗を区別することができたそうです。ところが幼児が一人で取り組む場合、これらの区別ができなかったのです。

さらに親がそばにいる子は、成功したときの心理的報酬が高まっていることもわかりました。これは事象関連電位(脳波の一種)を測定することからわかったもので、「親の応援が成功に対する報酬陽性電位の振幅を大きくすることで、幼児は成功・失敗を区別して処理できるようになることが明らかとなった」としています。

この研究はまだ始まったばかりで、親の応援という社会的報酬とはべつに、お金やモノ(物理的報酬)を用いた場合はどうか、単に応援と言っても親の資質や他のさまざまな環境要因、親以外の大人が関わった場合はどうかなど、探求課題がたくさんあります。

しかし親による適切な寄り添いが認知機能を育むことの一端が見えたのは、家庭の在り方、ひいてはワーク・ライフ・バランスの在り方を問う貴重なヒントになると思われます。

昨今、家庭の経済格差が子どもの学力格差に反映されること、そこから格差の強化スパイラルが生まれてくることが懸念されています。たしかに経済的な側面からも対処していく必要があるけれど、「親子の関わり方を見直すこと」は、もっと早く着手できることかもしれません。

親がどんなふうに子どもに寄り添い、どんなフィードバックを与えることがポジティブな影響を及ぼすか。私たちも実践家の立場から、コーチングや共感コミュニケーションを通して可能性を探っていきたいと思います。

=====================================

共感コミュニケーション~マインドフルな面談が会社を変える~

講師:吉田典生、西村慶子

12月4日(火)19:00-21:00 @KANDAI MIRISE(関西大学梅田キャンパス)にて開催

ビジョンを力強く語るリーダーの危険性と共感力

外から見ると素晴らしいビジョンをもった”すごいリーダー”だけど、内部の人に話を聴くと評判が悪い。そんな経営者けっして少なくありません。環境保全や地域問題の解決など私欲を超えた社会的ビジョンと事業内容の関連性が見えれば、経営者の語るビジョンはメディア受けがよいでしょう。優秀な人材を引き寄せるリクルーティング効果も高いでしょう。

理想のためには社会の秩序にも挑み、自らルールをつくりだす革新的なリーダーは情熱に溢れ、あくなきチャレンジ精神で大きな壁に挑みつづけます。

感情的知能(EQ)の要素を分解してみると、おそらく内発的な動機が高いはずです。そしてEQの研究によると、ノーブルゴールを追求する能力(日常のさまざまな物事を選択する意思決定を、より大きな社会的使命とつなげていく能力)と内発的動機には、比較的高い相関があります。

いいこと尽くめのようですが、ここに「他者に対する共感」が加わってこないと、目的達成のために人を踏み台にするような暴君になる危険性があります。さらにEQの研究からみていくと、共感力という他者と関わるうえでの能力は、自己認識や自己管理に関わる能力との相関が特に高くはないのです。つまり共感力については、”独自に意図的に開発しなければならない”と考えるほうが妥当です。

禅に傾倒してマインドフルネスを象徴するビジネスリーダーとも言われるスティーブ・ジョブズが、ビジョナリーで高い志と意欲を持っていたことを疑う人は稀でしょう。しかし他方で、嫌われ、変人と言われてきたことも周知の事実。ここからも共感力という能力の独自性がうかがい知れるような気がします。

==========================

12月4日(火)19:00-21:00 @関西大学 梅田キャンパス

共感コミュニケーション~マインドフルな面談が会社を変える~

 

11月2(金),11月14日(水) いずれも21:00-22:30

ZOOMセッション【ビジョンの最適化】~私の仕事とSDGs パート1&2~

マインドフルネス的じゃない感情ラベリングの効果

Vector illustration of Shocking businessman holding the head

ストレスを感じた瞬間、「胃がキリキリしているぞ」「胸がムカムカと発火しているみたいだ」といったように、身体に生じていることを言語化することで、ストレス緩和とネガティブ感情の制御につながる、という研究は以前から多くあります。

こうした方法を感情(情動)のラベリングとか実況中継と呼び、マインドフルネスのセミナーでも紹介されます。ただこの方法は、そもそも当事者がマインドフルネスであること(今この瞬間に注意を置いていること)が前提なので、「瞑想はしたくないけど、ストレスマネジメントにこれだけやる」というわけにはいきません。

さらにもう一つ、ラベリングの壁があります。それは身体反応である情動を的確に言語化するには、相応の語彙が必要だということです。EQ(感情的知能)のトレーニングをしてみるとわかりますが、感情を言葉で表すことが難しいと感じる人は多いのです。

そこでラベリングのハードルを下げる方法として、あらかじめ用意された感情ラベルの選択肢から選ぶことで、多くの人が簡単に感情を制御できる可能性が研究で報告されています。(Anual Letters of Clinical Psychology in Shinshu 117NO.16 p39-49)

続きを読む

I feel なんか・・・、

大阪なおみちゃんの、I feel なんか・・・、ドキドキ。ってセリフで閃きました。これ、感情知能(EQ)のトレーニングに使える!

EQの出発点である自己認識の大切な要素に、「感情リテラシー」があります。感情に関する語彙力を鍛え、微細な感情までを言語化する能力です。

言語化を意識することで理性を司る前頭葉に働きかけ、言葉よりも先に生まれる感情に呑み込まれてしまうのを防ぎます。そして適切な行動をもたらすきっかけにもなります。know yourself(自己認識)をchoose your self(自己管理)、さらにgive yourself(行動)へとつなぐのです。

ではエクササイズの例をひとつ。

続きを読む

関係性が痛みや苦しみを和らげる

親しい人と一緒にいると、物事を困難に感じる度合いが少ない・・・。そんな研究があります。

坂道の麓で親しい人と一緒にいる人は、一人でいる人や親しくない人と一緒の人にくらべて、坂の傾斜角度を低く見積もるのです。

(サイモン・シュナル、ケンブリッジ大学)

同じような研究で、痛みの度合いや階段の数などの程度も、親しい人と一緒だと低く見積もられたり、脅威反応が和らぐことが検証されています。

続きを読む

人は幼いまま成長したサルである

 

 

 

 

 

「大人になる」という言葉には、さまざまなニュアンスが含まれていますよね。きょう取り上げたいのは、”意図的に”大人になりきらないというマインドセットの可能性についてです。

どうやら生物学的にみて、「大人になりきらないこと」が人間にとってとても重要な意味をもっていそうだからです。

 

ヒトは性的に成熟したサルの胎児である。

これはルイ・ボルク(アムステルダム大学・解剖学、内分泌活動の研究者)という人が『人間形成の問題』(1926年)に書いたことで、「人はサルのネオテニー(幼形成熟)として進化した」という学説につながっています。

ネオテニーとは、子どもの期間が長く、幼さを残したままゆっくりと性的に成熟していくことを示す生物学用語です。興味深いのは、幼さを残す・・・というのが、単に姿かたちだけを示すものではないことです。

ヒトは成長の遅延によって、恐れ知らず、柔軟、好奇心といった学習の資源となる資質が長続きします。それがさまざまな知識やスキルの獲得につながっていきます。また生物学的にみると、性的な成熟はメスの獲得をめぐるオス同士の争いに象徴されるような、闘争をもたらします。そういった状況が訪れるのが遅いぶん、やはり知育の発達が促されます。

ボルクらの研究を受け継いだJ・B・ホールディングは「人類の進化はひとえに成長の遅延によっている」と語っています。

スティーブ・ジョブズが遺した有名な言葉、”Stay hungry,Stay foolish” がイノベーターの在り方を示すキーワードだとすれば、もとより私たち人間には、そのポテンシャルが備わっているということかもしれません。

【参考文献】

・福岡伸一さんのソトコトでの連載

松岡正剛の千夜千冊

=====================

ZOOMによるオンラインセッション開始

第1弾はEQ×マインドフルネス

パート1:9月29日(土)  午前11:00~午後12:30

パート2:10月13日(土) 午前11:00~午後12:30

マインドフルネスを通した4つの確かな成果

EQを世界に広めたダニエル・ゴールマンとリチャード・デビッドソン博士(ウィスコンシン大学マディソン校)が、今や星の数ほどあるマインドフルネスの研究論文を精査。もっとも信頼性の高い”Gold Standard”に値する論文を抽出しました。

その結果、”少なくとも”次の4つの観点から「確かな成果」が認められると、HBRこちらで述べています。

要約するとポイントは以下のとおりです。

続きを読む

主観を排除したフィードバックの大切さについて

ジェット旅客機が空の上を自動航行できるのは、フィードバック機能が働いているからです。制御系の操作(入力)に対して気流などの影響を受けながら飛ぶ旅客機が、入力に沿った結果(出力)となっているかの情報を制御系に戻す。これが電子工学におけるフィードバックの意味合いになります。

続きを読む

EQ×マインドフルネス

Page 1 of 5

Powered by CO2 & Theme by TENSEI YOSHIDA