Coach to Organically Optimize

Tensei Yoshida Official Web Site

月別: 2019年1月

EQと健康と幸福の関係

自他の感情に気づき自らの感情を制御することで、より良い意思決定や対人関係構築につなげる能力。それが感情知能とか感情的知性と訳されるエモーショナルインテリジェンス(Emotional Intelligence)です。(※以下、通例にしたがってEQ=Emotional Intelligence Quotientと表します)

グローバルな信頼性の高いアセスメントを通して、日本人のEQは調査対象の160ヵ国(20万人)中、最下位という結果になりました。そしてWHOによる心身の健康度と幸福度を総合した指標(National Well-being Metrics=国別健康指標)とのクロス分析により、EQと健康水準の相関が明らかになっています。

上のグラフのX軸がEQ、Y軸が国別健康指標です。EQが低くて健康指標が高い左上にくる国は少なく、有意差のある正の相関が示されているのです。

EQのデータは、日本を含む世界25か国に拠点をもつシックスセカンズの調査によるものです。上のグラフの〇の色が濃いのは、ポジティブな思考や行動を生み出すために感情を制御する能力(感情のナビゲート)能力が高いことを示します。

さらにグラフの〇の大きさは、EQスコアとともに導き出されるWell beingを示しています。WHOの国別健康指標とEQ側からのWell beingが相関していることも、グラフからうかがわれます。

働き方改革が叫ばれるようになって久しいですが、どれだけ健康にまつわる複雑な背景と、そこに関連する要因が理解されているでしょう。前述した感情のナビゲートは、EQを構成するコンピテンシーのひとつです。この能力がEQコンピテンシーのなかで、もっともWHOの国別健康指標と正の相関が高いこともわかりました。

身体と心の健康、それに幸福感。これらが高くなると、感情をポジティブな方向に導く能力も上がるのでしょうか。仮に因果関係が認められるとしても、健康や幸福が非常に複雑な要素によって構成されていることを想定するなら、因果関係を具現化するのは容易ではないかも。

それよりも、状況にかかわらず感情をポジティブな方向に導く能力を磨くことで、健康や幸福のスコアを上げるほうが現実的に思えます。EQは抽象的な精神論ではなく、神経科学にもとづく開発可能な領域だからです。

ただしここで気をつけなければならないのは、相関は因果関係を示すとはかぎらないことです。

仮の話ですが、「体重の重いドライバーのほうがスピード違反を犯す確率が高い」という正の相関が出たとします。しかし常識的に考えて、体重とスピード違反に因果関係があるとは考えにくいでしょう。

しかし体重が重い=男性、体重が軽い=女性という第3の要素をみつけると、因果関係がわかります。

EQと健康・幸福の相関のなかに、欠けているパズルは何だろう。それを探求していく必要もありそうです。私は他の研究を関連づけてみると、人とのつながりの量と質、これが鍵になりそうだと考えているのですが。

====================================

2月2日(土)マインドフルコーチングのエッセンスを日常会話に活用

共感コミュニケーション_企業編@福岡~マインドフルな面談が会社を変える~

◇マインドフルコーチングの実践家を養成する

MBCC(マインドフルネス・ベースド・コーチ・キャンプ)第7期 4月開講

◇ハーバード教育大学院で教えられている「自ら問う力」を磨くプログラム

QFT(Question Formulation Technique)ワークショップ 3月30日(土)開催

共感力の実践

DHBRから翻訳刊行されている『エモーショナルインテリジェンスシリーズ』第1弾の『共感力』。著者の一人であるダニエル・ゴールマンは、共感を①認知的共感(他者の視点を理解する能力)②情動的共感(他者の感情をくみ取る能力)③共感的関心(相手が自分に何を求めているかを察知する力)・・・と分類しています。

しかしこれまでの心理学のなかでは、①と②の2つで説明されていることも多いです。私たちMBCCのプログラムでも、①と②をバランスよく磨くことで、自ずと獲得できるのが③だという立場です。また上記著書の②の説明は「他者の感情をくみ取る能力」とありますが、実際は相手に起こっている情動(身体反応を伴う感情の動き)を、自分自身も一緒に感じているということです。だから自己の感情についてのリテラシー(情動をリアルタイムに届く体内データとしてキャッチする能力)が、他者を理解する出発点になります。このあたりは著書でもふれられているところです。

相手に共感を示すということは、無理に合わせるとか、怒りなどのネガティブ感情を抑え込むことではありません。本書の中にこんな記述があります。

< 怒っていない素振りを演じながら接するのはやめたほうがよい。スタンフォード大学のエミリー・バトラーらの研究によれば、こうした見せかけの態度は自分と部下両方の血圧を上昇させるという。 > E.Butter et al.,”The Social Consequences of Expressive Suppression,” Emotion 3,no.1(2013):48-67.

無理に抑え込もうと我慢するのではなく、ほんとうに落ち着いた状態で制御する必要があるのです。

< 一歩退いて、自分の感情的反応をコントロールする必要がある。>

でもこの話だけだと、「言っていることはわかるけど、それが実際にできたら苦労しないよ」というのが、ふつうの人の感覚ではないでしょうか。実際に企業研修でこの話題にふれると、必ずそういう反応が出てきます。

本書では言及箇所は少ないのですが、ここで重要なのがマインドフルネス瞑想です。仕事などの現場で事が勃発しているときにどうするかの前に、そうした事態を想定して心を耕しておくのにマインドフルネス瞑想が有効なのです。

優れた聴き手の特徴として、本書は次の4つを挙げています。これは私が思うに、正確に理解するのが容易ではないところです。コンサルティング会社のCEO(ジャック・ゼンガ―)と社長(ジョセフ・フォークマン)の共同執筆による論文で挙がっているのは、

①よい傾聴は、相手が話している間に黙っていればよいというものではけっしてない

②よい傾聴は、相手の自己肯定感を育むようなやり取りを伴う

③よい傾聴は、協調的な会話のようなものである

④よい聞き手は、提案を投げかける傾向がある

著者らは多面評価で出てきた特徴にもとづいて、このように優れた聴き手を説明しています。

しかし私の現場感覚でいうと、この後の記述がとても重要です。傾聴にはさまざまなレベルがあり、段階を踏んで上記のような「よい傾聴」につながるということです。

暗黙知化された「優れた聴き手」の聴き方というのは、たとえば一流のテニスプレーヤーの一連の動きのようなものです。多くの人は、そこに至るために、いくつもの段階をたどる必要があります。

ここを押さえておかないと、聴こうと思ってもつい話に割って入ってしまうとか、提案しすぎて会話の主導権を奪ってしまうとか、なんだか上辺の誉め言葉で相手が引いてしまう、といった事態に陥るのです。

『共感力』という本に共感せずイチャモンつけているように思われるかもしれませんが、いい本ですよ。ただ本当にこの種の論文を血肉とするには、知行合一・・・の行の部分、実践が不可欠です。

===============================

2月2日(土)福岡

MBCC発 <共感コミュニケーション_企業編>~マインドフルな面談が会社を変える~

マインドフルコーチングの本質を誰もがすぐに実践できる手順に落とし込んだ、MBCCの共感コミュニケーション。ぜひ、体験してください。

Powered by CO2 & Theme by TENSEI YOSHIDA