大阪なおみちゃんの、I feel なんか・・・、ドキドキ。ってセリフで閃きました。これ、感情知能(EQ)のトレーニングに使える!

EQの出発点である自己認識の大切な要素に、「感情リテラシー」があります。感情に関する語彙力を鍛え、微細な感情までを言語化する能力です。

言語化を意識することで理性を司る前頭葉に働きかけ、言葉よりも先に生まれる感情に呑み込まれてしまうのを防ぎます。そして適切な行動をもたらすきっかけにもなります。know yourself(自己認識)をchoose your self(自己管理)、さらにgive yourself(行動)へとつなぐのです。

ではエクササイズの例をひとつ。

失敗した言動や思わしくない結果を思い出してみます。そのうえで、以下の質問を自分に投げかけます。

そのとき(望ましくないことが起きていたとき)・・・

・「何を考えていた?」(思考)

・「どのように感じていた?」(感情)

・「どうふるまった?」(行動)

・「他に選択できたかもしれない行動は?」(行動)

・「そのためにどう考えればいい?」(思考)

・「そう考えると、どう感じる?」(感情)

・「そこから生まれてきそうな結果は?」(利益)

思考、感情、行動は、相互に作用します。そこで多くの場合、良い相互作用の鍵になるのが感情です。先に生まれてくる感情が、次に発生する思考を大きく左右するからです。

だから、ピンチに立ったとき。

I feel なんか・・・、(上記7つの質問のうち、2番目と5番目にあたる)を問いかけてみては。

=====================================

マインド、ビジョン、ロール(役割)、アクション・・・4つの最適化をはかるZOOMでのオンラインプログラムをスタートします。パート1のテーマはマインドの最適化 9/29 10/13 いずれも AM11:00-PM12:30【マインドフルネス×EQ】

=====================================
コーチングの新しい扉を開く
認知神経科学とEQ、マインドフルネスを統合したプロコーチ育成プログラム
MBCC(マインドフルネス・ベースド・コーチ・キャンプ)第6期基礎コースは残席わずかです