Coach to Organically Optimize

Tensei Yoshida Official Web Site

月別: 2018年8月

人は幼いまま成長したサルである

 

 

 

 

 

「大人になる」という言葉には、さまざまなニュアンスが含まれていますよね。きょう取り上げたいのは、”意図的に”大人になりきらないというマインドセットの可能性についてです。

どうやら生物学的にみて、「大人になりきらないこと」が人間にとってとても重要な意味をもっていそうだからです。

 

ヒトは性的に成熟したサルの胎児である。

これはルイ・ボルク(アムステルダム大学・解剖学、内分泌活動の研究者)という人が『人間形成の問題』(1926年)に書いたことで、「人はサルのネオテニー(幼形成熟)として進化した」という学説につながっています。

ネオテニーとは、子どもの期間が長く、幼さを残したままゆっくりと性的に成熟していくことを示す生物学用語です。興味深いのは、幼さを残す・・・というのが、単に姿かたちだけを示すものではないことです。

ヒトは成長の遅延によって、恐れ知らず、柔軟、好奇心といった学習の資源となる資質が長続きします。それがさまざまな知識やスキルの獲得につながっていきます。また生物学的にみると、性的な成熟はメスの獲得をめぐるオス同士の争いに象徴されるような、闘争をもたらします。そういった状況が訪れるのが遅いぶん、やはり知育の発達が促されます。

ボルクらの研究を受け継いだJ・B・ホールディングは「人類の進化はひとえに成長の遅延によっている」と語っています。

スティーブ・ジョブズが遺した有名な言葉、”Stay hungry,Stay foolish” がイノベーターの在り方を示すキーワードだとすれば、もとより私たち人間には、そのポテンシャルが備わっているということかもしれません。

【参考文献】

・福岡伸一さんのソトコトでの連載

松岡正剛の千夜千冊

=====================

ZOOMによるオンラインセッション開始

第1弾はEQ×マインドフルネス

パート1:9月29日(土)  午前11:00~午後12:30

パート2:10月13日(土) 午前11:00~午後12:30

マインドフルネスを通した4つの確かな成果

EQを世界に広めたダニエル・ゴールマンとリチャード・デビッドソン博士(ウィスコンシン大学マディソン校)が、今や星の数ほどあるマインドフルネスの研究論文を精査。もっとも信頼性の高い”Gold Standard”に値する論文を抽出しました。

その結果、”少なくとも”次の4つの観点から「確かな成果」が認められると、HBRこちらで述べています。

要約するとポイントは以下のとおりです。

続きを読む

Powered by CO2 & Theme by TENSEI YOSHIDA