CO2は私のコーチとしての経験からたどり着いた、”人が本領を発揮するための哲学”にもとづいています。

心身が整うことによる「マインドの最適化」、社会と会社と個人の大切にしたいことをつなげる「ビジョンの最適化」、生まれ持った天賦の才と仕事を近づける「役割の最適化」、それらを統合してゴール達成やクオリティオブライフの追求をめざす「アクションの最適化」です。

「マインド」という言葉を聞いたとき、日本人がカタカナでとらえると「心」という曖昧なニュアンスが浮かぶかもしれません。Heart(ハート)とmind(マインド)の境界線が今一つわかりにくいとか。

実際のところ、mindfulness(マインドフルネス)という単語にもつながるmind(マインド)は、知的な思考の在処といった意味合いが強く、「知力」「知性」「頭脳」といった訳もあります。そして、この知のもとをフルに活かすには、より動物的なemotion(感情)について理解し、それを活用することが大切です。

9月29日と10月13日(時間はそれぞれ午前11時~午後12時半)には、そんなEQ(感情知能)とマインドフルネスを通したマインドの最適化について、一緒に学ぶ機会をつくっていきます。皆さんのご参加をおまちしています。お申し込みは、こちらからお願いします。