Facebook

Twitter

水問題から探るコンシャスビジネス

今週は世界水週間です。

日本にいると特別な災害が発生しないかぎり水の有り難さを実感することが難しいけれど、世界全体を見ると水不足は日々の現実。

国連総会のトム・ピーターソン議長は、世界の気候問題と水資源問題こそが「われわれの存在の基本原理」と語っています。ここでいう「われわれ」とは、もちろんこれを書いている私や、読んでくださっている「あなた」を含む人類という意味でしょう。

基本原理であるからには、待ったなしの気候と水の問題にアプローチすることなくして、国連が掲げるSDGs(2030年に向けた持続可能な開発目標・・・※17のゴールと169のアクションターゲット)の成功はあり得ないということです。

水問題は国際紛争によって引き起こされる側面があります。たとえばシリアでは、給水ポンプの破壊や水資源の汚染が意図的に行われています。それによって衛生状態の悪化が加速し、伝染病が蔓延することで混乱が広がります。水が大量殺戮の武器になるということは、日本では考えにくいけれど現実です。

水問題はビジネスに絡む産業的な問題でもあります。たとえば電気自動車に欠かせない金属素材コバルトの主要産地であるコンゴは、内乱と干ばつのダブルパンチで水不足が深刻化しています。このような状態で安定的なコバルト生産が不安視されており、成長の期待されている電気自動車の生産に大きな影響が及ぶ可能性があります。

こうした複雑な状況のなかで、水という生命にとっての「基本原理」にビジネスの立場から何ができるか。

上記にふれた衛生問題、そして産業のイノベーションという観点を加えて、9月26日の夜

SDGs(持続可能な開発目標)に向けたビジネスとリーダーシップ

を開催します。

みなさんのご参加をおまちしています。

なぜ「同情」よりも「金」なのか?

その昔、幼い安達裕美は、どうして「同情するなら金をくれ!」と言ったのでしょう。

あのとき彼女が言った「同情」は、「他人目線で可哀想だと思われたって、どうしようもない」という気にさせるような、他人から寄せられる情(なさけ)だったのではないでしょうか。

可哀想だと感じているのは事実だけれど、それは自分が経験していることではないから所詮は他人事。テレビのニュースに映る遠い国の戦乱に苦しむ人々を憐れむのと、幼い安達裕美を憐れむ感情は同じ種類のもの。少なくとも情けをかけられた当人には、そう感じられるものだったろうと思います。

これは英語だとsympathy(可哀想だと思う気持ち、同情)がもたらした結果でしょう。

ネイティブでも区別は案外むつかしいらしいとも聞きますが、似て非なる言葉がempathy(共感)です。

sym(同調する~)に対して、emと言い接頭語は「中へ~」という意味があるので、empathyは相手の感情を実際に味わっているというニュアンスになります。いくつかの解説をみてみると、同じ経験をしたことがある人が、他者の苦しみなど感情を共有する・・・共感、ということで、他人目線のsympathy=同情とは区別されるようです。

さらに心理学や臨床現場で重視されるempathyは、「中へ~」によって可能な深い理解と、それにもとづく相手への手助けが含まれます。EQ(感情リテラシー)において共感が不可欠の要素として位置づけられるのも、こうした行動の伴うものだからです。

それでは、自分が相手と同じ経験をしていないかぎりはsympathyを寄せることはできても、empathyをもつことはできないのでしょうか。そう結論づけてしまったら、社会の健全な発展も組織変革もないだろう、というのが私の立場です。

他人目線で安達裕美に拒絶される同情ではなく、少女の心の中にある共感から生まれてくるもの。それを探求していきたいと思います。

奇跡のバーディーを生んだ「停止する力」

全米オープン、松山英樹選手は残念だったけれど、
ジャスティン・トーマス選手のプレーにも賛辞を贈りたいです。

カップ横に停止したボール、誰もがそう思った12秒後にボールが動いてカップイン。

ゴルフのルールでは、
「不当に遅れることなくボールに歩み寄る時間に加え、球が止まっているかどうかを確かめるためにさらに10秒、待つことができる」・・・とされているそう。

米国のサイトGOLF.comが「究極の待機」と絶賛したトーマス選手の落ち着き。

ゴルフはメンタルの競技とよく言われますが、
彼の「停止する力」が、それを物語っていると思った瞬間でした。