Coach to Organically Optimize

Tensei Yoshida Official Web Site

月別: 2013年8月

目的を見失うパターンを見抜く

ICFが定めるコーチのコアコンピテンシーD群・・・【学習と成果の促進】は、8.「気づきを促す」と9.「行動をデザインする」で構成されています。

今回はそのうちの8の一部を取り上げてみます。

8.の全文は次のとおりです。

複数の情報源を統合することでクライアントの状況を正確に把握する。そしてクライアントの気づきを助けられるように説明し、それによって成長に至るプロセスに合意する ※弊社訳

続きを読む

コーチがダイレクトに働きかけるとき

コーチングのコア・コンピテンシーの「効果的なコミュニケーション」は、「傾聴」と「質問」、そして「率直なコミュニケーション」(原文:Direct Communication)で構成されています。

今日はこの中で、「率直なコミュニケーション」にふれてみたいと思います。

まずこの言葉から想起されるのは、遠慮せずにズバッとモノを言う、簡潔明瞭に話す、正直に伝える、といったことではないでしょうか。

続きを読む

語りに込められた内なる声を聴く

このところ、ICFのコア・コンピテンシーについて書いています。あらためて全体像をおさらいすると、

A:基礎(ファウンデーション)を確立する
B:関係を共に築き上げる
C:効果的なコミュニケーション
D:学習と成果の創出を促す

この4つが、コンピテンシー体系の幹となっています。(ブログの固定ページ『WORKS』に全文掲載)

続きを読む

Powered by CO2 & Theme by TENSEI YOSHIDA